2022年10月09日

高田馬場シニア活動館の第2回「新宿野菜サロン」に野菜作りが好きな方たちが集まった。


高田馬場シニア活動館が実施している「新宿野菜サロン」の第1回は
夏野菜の栽培
を実施しましたが、
秋冬産野菜を栽培する、第2回「新宿野菜サロン」の開講式が
先日、同会館の2階で開催されました。

参加者は募集人員の6名で、自己紹介が行われたが、
皆さん野菜作りが好きな方たちばかりでした。

前回の食べる講座は、松嶋さんが調理して皆で食べ、
かぼちゃはお土産に持ち帰りました。

第1回に引き続き、担当の古平篤さんから依頼されて、
秋冬産野菜の江戸東京野菜について、物語を伝えてきました。





1-1キャプチャ.JPG

上の画像をタップする
開会に当たって、小林修治館長のご挨拶で始まり、江戸東京野菜に
取り組む趣旨については資料が配られ、
スタッフの古平篤さんと、青柳輝道さんが紹介された。







2-1-1.JPG

江戸東京野菜については、モニターを使って、江戸東京野菜の物語に
ついて話したが、特に秋冬産野菜としては、後関晩生小松菜と、
金町コカブ、のらぼう菜の栽培をする予定なので、
それらの物語についても紹介した。

上の画像をタップする







3-1-6.JPG

続いて、古平さんが、夏野菜として栽培した、新宿の伝統野菜として、
内藤トウガラシ、内藤カボチャ、鳴子ウリの栽培を行ったが、
栽培管理が良かったことから良く出来たので
作物の写真を皆さんに見せていた。

上の画像をタップする







4-1.JPG

内藤カボチャが、その後も採れたと皆さんにお見せして、
帰りに切ってお持ち帰りいただくとのこと。

上の画像をタップする







5-0.JPG

秋冬産の江戸東京野菜は、古平さんから相談を受けたが、屋上菜園の
土の深さの関係で、根菜類は無理なことから、葉物野菜を提案した。

古平さんは、その中から3種を選び、夏野菜で収穫し採種した
内藤トウガラシ、内藤カボチャ、鳴子ウリの種子。

来年この種を播種するという。

これから作業に当たっての、栽培場所の確定と、資料が配られた。







6-1.JPG

座学が終わった後に、冷たい雨が降っていたが、
屋上に上がって菜園を見せた。
内藤カボチャは、まだ花が咲き、3個の実をつけていた。

上の画像をタップする
八房の内藤トウガラシも赤く色づいていた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック