2022年12月11日

山形大学農学部の江頭教授が練馬大根の調査にお見えになった。


山形大学農学部の江頭宏昌教授は農水省の受託研究で、
「我が国の在来品種データベースの構築」の調査を行っていて、
すでに各県の伝統野菜については、調査が進んでいるようだが、
東京では初めて練馬大根の調査にお見えになった。

調査には直接関係ないが、
練馬大根引っこ抜き競技大会が開催される時期が、収穫シーズンなので
11月初めにメールをいただいていた。

当日は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の渡邉和嘉理事に先生を
西武池袋線の駅に迎えに行ってもらって、会場でお会いした。

先生にお会いしたのは、「2020全国伝統野菜サミットin 秋田湯沢」で、
パネラーとして呼んでいただいて以来だ。





1-1.JPG

事前に渡戸章さんには午後から伺うと云っていたので、
待っていてくれた。

渡戸さんは、練馬大根の伝来種の採種をしていて、
採種用の個体を選ぶノウハウを、お聞きしたことがある。

上の画像をタップする
江頭先生は、渡戸さんに質問をしていた。





2-1-9.JPG

渡戸さんは、毎年1000本を東京都 学校給食普及会を通して、
都内の学校40校ほどに供給していて、
この日は、洗った800本がトラックに積まれていて、
残り200本は後日また取りに来るのだと云う

上の画像をタップする


追録
キASASチャ.JPG

江頭先生に柿をいただいた。
平核無(ひらたねなし)と云うそうで、鶴岡では明治時代から
栽培されていて、新潟から来た行商から鶴岡の農家が苗を
買って栽培をはじめたもので、新潟の在来の柿、おけさ柿、
八珍柿と同じものであろうとのこと

上の画像をタップする
「だだちゃ豆右衛門」
枝豆といえば、山形の「だだちゃ豆」で旨い。
昔は両国の相撲見物で、三河島枝豆を食べて
いたようで、枝豆は消費地に近いところでつくられた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック