2010年04月28日

寒暖の差が大きい日々が続いて、農家の春の作業は遅れている。

練馬区立野町で、江戸の頃から続く農家、井口良夫(10代目)氏を訪ねた。今年も新聞やテレビの取材など、無理なお願いしてきた経過もあり、お礼方々だ。

井口宅は、吉祥寺駅の北、1.4キロ、典型的な武蔵野の農家のたたずまい。
屋敷杜の脇を流れる千川上水は、玉川上水から保谷で分水して流れてきている。この上水、石神井川の上の台地を流れて、西武線練馬駅前の千川通りにつながっている。

景観.jpg 
        いわゆる「東京『農』の風景」だ。


キャベツ畑の定植作業は終わったが、来週からは、夏果菜のナス、トマト、キュウリなどを植えるということで、週末、農作業を楽しむ消費者達10人が、井口氏の指導で堆肥を鋤込んでいた。

農作業.jpg

   左から3人目が井口氏

昭和40年代初めには、井口農園からは成蹊大学の方まで見渡せるキャベツ畑が広がっていた。


井口氏のお宅は、昔から東京ウドを栽培していて、産地は北多摩に移ったが、23区内で伝統ある吉祥寺ウドの流れをくむのは、井口氏のお宅だけになってしまった。現在、岡伏せ栽培法は井口家独特なもの。

昨年は、練馬の12月の風物、「第三回練馬大根引っこ抜き競技大会」の会場として5,000本の練馬大根を栽培している。


花1.jpg
   奥さんが育てる庭の草花

 屋敷森.jpg

お宅裏の屋敷杜は落葉樹で、落ち葉はすべて畑に鋤込む。

堆肥.jpg
  熟成中のたっぷりの堆肥の山、美味しい野菜が収穫されるわけだ。

posted by 大竹道茂 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37420641

この記事へのトラックバック