2010年05月26日

今朝の讀賣新聞都内版に、「こんにちは江戸東京野菜」が掲載された。

昨年、墨田区立第一寺島小学校が取り組んでくれた「寺島ナス」の復活の経過が今朝の讀賣新聞都内版に「こんにちは江戸東京野菜」「東向島 寺島ナス」として掲載された。

ストラップナス.jpg
白鬚神社の社務所で売っている「寺島ナス」のストラップ(500円)。


白鬚神社の境内には「寺島ナス」についての説明板が建っている。
平成9年に建てられた当時、町名変更で「寺島」の名が無くなってしまった東向島の人たちが注目した。

「こんなに、住宅が密集しているところに農業があったんだ!」と。

建立後10数年の経過の中で、「寺島ナス」が同地域の名産であったことを知らない人はいなくなっていた。



この説明板、「江戸東京の農業」で、農業協同組合法施行50周年記念として、JA東京グループが取り組んだ事業。

これは、江戸の頃に都内各地にあった農産物の産地などに50周年にちなんで50本を建てたものの一本で、かつての寺島村と云われていた東向島の白鬚神社(今井宮司)に依頼して建てたもの。

しらひげ.jpg


昨年、第一寺島小学校で130周年記念として、寺島ナスの栽培や観察が全校生徒で取り組まれた。

星野ナス.jpg

東京ではナス栽培の第一人者、三鷹市の星野直治さんが毎月学校に出向き栽培指導を行った。

子供が嫌いな野菜には、ニンジン、ピーマンなどと共にナスもその一つだが、最近では品種改良で臭いの少ない野菜が作られている。

しかし「寺島ナス」は小振りで実のしまった、しかもナスの匂いがするナス。

子供達は、何回も学校給食で食べ、自宅にも持ち帰り家族とも一緒に食べたという。
ナスの嫌いな子も、自分で栽培したから「食べる!」と云って食べた。

まさに、食育、そして食農の成果が表れたもので、今年も子供たちが栽培してくれるという。

さらなる成果を期待したい。

尚、読売新聞都内版では「こんにちは江戸東京野菜」を後2回ほど連載してくれるようだ。
posted by 大竹道茂 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38501068

この記事へのトラックバック