2010年06月07日

肥後国・熊本から「食・農・eco くらし・マイレージalliance」の情報が届く

熊本の伝統野菜「ひご野菜」の普及推進に広範な活動を展開している、野菜ソムリエ で、フード・マイレージプランナーの北 亜続子さんからメールが届いた。


1ひご北1.jpg
拡大できます。


昨年、「ひご野菜セミナリオ」という勉強会を作り、第一弾で、伝統野菜の王道、京野菜見学ツアーを実行、京都で400年の歴史をもつ農家(4代目)、樋口昌孝さんの畑、鷹峯に出掛けている。

2樋口やさい.jpg

樋口さんには昨年お会いしているが、まだ鷹峯には伺っていないので、北さんから教えていただいた。
お母さんが「振り売り」をしているとか、これ、鷹ヶ峰で伝統的に受け継がれている移動直売。
樋口さんのお母さんは今でも大八車を引いて、西陣の辺りまで坂を上り下りしているとか。

お客さんも、お母さんが来るのを当てにしてるんでしょうね。
お母さんもお客さんとの会話が生きがいになるし、なんと言ったって京都の文化ですから、いつまでもお元気でこのお仕事を続けてもらいたいものです。


水前寺もやし産地見学会、ほんのりピンクの芋の芽の産地見学会
3セミリオ1.jpg
拡大できます。

「水前寺もやし」の圃場見学会について「ひご野菜を全く知らない人たちが参加してくれました。圃場見学、大学の先生による講座、FMを用いた地産地消の効果など見るもの、聞くもの初めてだったようでとても好評でした」と。

水前寺もやし」は栽培する技法を熊本農高が受け継いだようで、このようなことも多くの人に知っていただくことは、大切です。
「肥後」の文化ですからね、「圃場見学会」は江戸東京野菜も考えて見ようかな・・・

4月からは「第二回ひご野菜セミナリオ」がスタート、10日には芋の芽見学会が実施されている。


4第2回セミナリオ京都ツアー.jpg

そして5月29日には「京野菜の匠 鷹峯「樋口農園」見学と京野菜料理を楽しむツアー」が実施されている。


後列、右から二人目が北さん、左から三人目が樋口さん。
樋口さんの野菜を使った京料理、笑顔から皆さん堪能したようだ。
5農園樋口.jpg
樋口さんの「賀茂なすの畑」


改めて、今回の企画を紹介すると、「ひご野菜」の価値を多方面から見直し、地域の食文化や伝統野菜を見直そうと云うもので、

「京野菜」を農と食の視点で視察し、
京野菜がいかにして今日まで受け継がれてきたのか、京野菜とひご野菜の成り立ちの違いや、共通点を探り、

今後の「ひご野菜」の普及に生かしていこうと云うもの。
農家やレストラン経営者も参加されたようだ。

名城熊本城と縁の深い「ひご野菜」の「伝え方」「見せ方」「食べ方」を今回のツアーで学んだようだ。
2011年九州新幹線全線開業に合わせての「魅力ある都市づくり」で、

観光客の誘致による地域の活性化、目標は高くこれからも頑張ってもらいたい。




posted by 大竹道茂 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38797941

この記事へのトラックバック