2010年06月29日

江戸東京野菜 スタディー

江戸東京野菜 スタディ&カフェ

スタディーは、寺島ナスとアシタバ。
今回の講師は、昨年、第一寺島小学校で寺島ナスの復活を指導した星野直治さん。著書には「おいしい野菜の作り方」(家の光)がある。

C星野氏の栽培指導 (2).JPG
第一寺島小学校で栽培指導する星野さん(昨年)。



ナス栽培の難しさをわかりやすく話してくれた。

講師星野.JPG
星野さんのお話を、メモをとる参加者。


★ナスは、収穫期間が長いから、長く楽しめる。
猛暑をくぐりぬけて、涼しい秋、そして霜が降って枯れるまで収穫が出来る。

★それには暑さと乾燥に強い台木に苗を接ぐことで、栽培の難しい季節を乗り越えられる。自根の苗だと暑さと乾燥を乗り切れないことが多い。

★寺島ナスは、卵大の大きさで収穫すると、色ツヤもいいが、少し大きくすると色がボケてつやが無くなり木も疲れてしまう。
しかし、市場では料理店の要望で、大きく作ってくれと、千両並みにしろと頼まれている。

★私の畑では花が咲いてから15〜6日で収穫できるが、市民農園などで市民が作ると、28日位かかってしまう。そうすると、堅いナスが出来てしまう。

★水やりも、一日一回とか、一日ニ回とが決めるとナス自体もそれに対応できるが、一回やったり朝昼晩三回やったりでは、ナスにストレスが起こり、生育変調を起してします。

★夏以降は、蔓の先の方に実を付けると、大きくするのに時間がかかるから、幹に近いところで収穫するように仕立てる。

収穫したら葉を一枚残して先を切るようにすると、残した葉の元から蔓を伸ばし、花をつけるから、常に早く大きく成長したやわらかいナスが採れる。

★肥料も根元でなく、生育に合わせて樹から遠いところに施すことで、根が十分に張り、しっかりした樹勢になる。

★減農薬対策として、フェロモンのストラップはもちろんだが、アブラムシ対策としては、飼料作物を畑の周囲に植え、樹液をアブラムシに吸わせるようにすると、ナスには寄ってこない。

など、ナス栽培の極意をたっぷりと話してくれた。


2明日葉三宅.jpg
アシタバとハンの木、写真は三宅島在住の沖山政夫氏提供


アシタバの物語

アシタバについては、私から紹介した。
かつて、某企業が昭和58年、アシタバをハンの木のもとで栽培すると栄養価のある、品質の良いものが収穫できると特許申請をしたことがあった。

しかし、これは古文書「八丈實記」に記載されていたことから、農業団体の猛反対で差し戻されたと云う話しを報告した。

でも、「なぜハンの木が良いのか」皆さん疑問が残ったままだった。

その時、今回、時間を割いてお見えになっていた、山形在来作物研究会会長の江頭宏昌先生(山形大学准教授)が、ハンの木の疑問を解いて下さった。

焼畑藤沢菜.jpg
昨年江頭先生が案内してくれた焼畑の藤沢カブ栽培地(山形)


「私は、焼畑の研究をしています」と前置きして、

「焼畑の最終年度に植えるのがハンの木です。

 一年目は、ヒエ、アワ、ソバなどを蒔き、二年目には大豆などを蒔き、三年目には再びソバなどを蒔く。

そして、四年目の最終年度にハンの木を植えます。

なぜかと云うと、ハンの木はマメ科と同じで、コンリュウ菌がチッソを固定化します。

使ってきた地力を回復して元に戻すので、ハンの木の周囲は土が肥えます。

焼畑は東南アジア一体で行われていて、八丈島や三宅島も焼き畑が行われていたと思います。」
と語った。

アシタバ栽培は、理にかなった方法だったのだと、みなさん胸のつかえがとれたようだった。


カフェに続く









posted by 大竹道茂 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39321273

この記事へのトラックバック