2010年07月09日

「池波正太郎の世界」鴎外荘の江戸東京野菜と講談のコラボ・プランはいかが。

池波正太郎没後20周年記念企画として、水月ホテル鴎外荘(中村菊吉社長)が新たなプランを打ち出した。

鴎外荘.jpg
チラシを左クリックしてください。


鴎外荘は「江戸東京野菜、地産地消のこだわりの宿」として4月15日の当ブログでも紹介したが、夏の企画として、江戸料理「池波正太郎の世界」を発売する。

江戸東京野菜と女流講談師の神田蘭・演目「剣客商売」のコラボは、池波正太郎ファンならずとも、「聞いて 食べたい!」というもの。

メニューも決まったと云うので、中村社長からお誘いを受け上野に出掛けた。上野駅不忍口から鴎外荘の送迎バスで向かったが、中村社長は出迎えてくれていた。





鴎外a.jpg
鴎外荘をクリックしてください。



aa鴎外.jpg

総調理長の森山和博氏が「池波正太郎の江戸料理を創る」を参考に考案した、江戸料理の懐石。


b鴎外.jpg

・小鉢(写真上)、蛤とわけぎ、木耳の卯の花和江。
ハマグリを、卯の花(おから)の香りを生かして酒と昆布と醤油で炊いている。

わけぎの香りキクラゲの食感もいい。昔の風味が残っている。

・前菜変り(写真下)、豆腐と蒟蒻の冷し田楽。
氷を敷いた上に冷し豆腐は木の芽味噌と、コンニャクは下こしらえで味が染みて、赤味噌にケシの実が乗って冷たいのをいただいた。


鴎外c.jpg


・吸物変り(写真上)、生鰹節の冷し汁、針生姜。
味噌でゆがいた寺島ナスとキュウリ、カツオのナマリ節を味噌仕立ての冷汁にしてある。

寺島ナスとキュウリが涼しさを出し、針ショウガがカツオの味を引き立てている。

・造里(写真下)、江戸前三種盛り合わせ、妻種々、山葵。
中トロに、江戸前のハタと、アオリイカ。

つまものはアオダツ(イモの芽のスライス)、ムラメ、奥多摩ワサビ。




鴎外c.jpg


お部屋に掛った軸「一期一会」。
お料理一つひとつに「おもてなし」の心が伝わり、料理人との一期一会を感じたものです。




鴎外e.jpg

・煮物(写真右)、冷し物、鰊と茄子の煮合わせ、針生姜、葉山椒。
ミガキニシンを蒸し煮にし、寺島ナスを焼き、皮をむいてニシンの煮汁を薄めたものを含ませている。

柔らかく煮えたニシンと寺島ナスを針ショウガと木の芽(葉山椒)が味を引き立てている。

・焼物(写真左)、飛騨コンロによる、栄螺臺焼。
江戸前のサザエは臺焼。
大根おろしを醤油味で煮て、甘みが出たおろしと一緒に焼く。
ミツ葉が添えてある。



5車海老.jpg
揚物、海老の煮出し

クルマエビは江戸料理ではメジャーな料理。

ゴマ油で揚げて、シッポは剥き身にしてあり、大根おろしで食べる。
鬼がらは二度揚げしてあるから、サクサクした食感がたまらない。



鴎外f.jpg

・食事(写真左)、蚕豆茶御飯。
新茶、昆布、酒に、ソラマメをゆがいた汁も入れて炊いたご飯にソラマメをのせた、お茶の風味がいい。

・止椀(写真右上)、中具色々。
赤出汁に白身魚と湯葉、ミツ葉が入っている。
    香の物、四種盛り合わせ(写真撮り忘れ)

・水菓子(写真右下)、季節の果物。
この日はスイカだった。

満足のお料理でした。
皆さんに、お勧めるお料理です。
夏の夜のひと時をお楽しみください。



鴎外g.jpg

水月ホテル鴎外荘は、数々の賞を受賞しているが、今年一月、第35回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の料理部門で100選に選ばれている。

帰りには、中村社長と森山総調理長が見送ってくれた。

中村社長、森山総調理長、御馳走様でした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39532837

この記事へのトラックバック