2010年07月23日

早稲田ミョウガ捜索、その後

一昨日、石原隊長からメールをもらった。
それには、携帯電話のカメラで撮った写真(左)が添付されていた。

1ミョウガその後.jpg
AFTER     BEFORE


「いしはらです。
先日の捜索活動で、既に花穂がでていた小学校わきの植え込みのミョウガですが、収穫されていました。

植え込みであることと時期的なことを考えると早稲田ミョウガではないでしょうが、早稲田でミョウガを収穫して食べている人がいる!という点がとても新鮮な印象です。
ご報告まで。」


さすが、捜索隊長です。戸塚第一小学校の、その後の植え込みチェックも怠りなしで、ご苦労様です。



実は、私も捜索の翌日、都心に用事があり、少し早めに出て、鶴巻町を歩いてみた。

田山花袋が「東京の三十年」に書いている一節に、「・・・早稲田から鶴巻町に出て来るところは、一面の茗荷畑で・・・」とあり、鶴巻町はどうしても捜索地としては外せないと思っていたからだ・・・・

地下鉄の「早稲田」から歩いてとりあえず、元赤城神社に向かった。

2元赤城.jpg
画面をクリックする


元赤城神社は、早稲田鶴巻町にある小さな祠で、平成9年にJA東京グループが、「神崎の牛牧」の農業説明板を建ててある。

まずは、このお社に参拝してから捜索活動に移った。
このあたりは、マンション以外でも敷地一杯に建物が建っていて、庭のあるような家は見当たらない感じだった。




3鶴巻小.jpg

新宿区立鶴巻小学校の表札を写真に収めてから、周りを見回すと細い路地の奥に、緑の木陰が目に入った。鶴巻で初めて見る景観である。

そのあたりを一回りしたところで、ミョウガを発見。

その他にもあと一か所ミョウガ確認したが、先を急ぐので30分ほどで捜索は打ち切った。


posted by 大竹道茂 at 05:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ
この記事へのコメント
「早稲田ミョウガ」探索、ロマンチックですね。
今後の成り行きもブログ紹介や報道等を通じ楽しみにしております。
Posted by 浪漫 at 2010年08月22日 09:29
当園には、自生の茗荷がおおくあります。私どもは、明治初期に神田西福田町より当地へ移転いたしました。当時より庭はほとんど手を入れておりません。数多く取れ、近所の方々にも差し上げておりす。よろしければ、お調べください。
Posted by 福田幼稚園 福田 at 2010年09月03日 14:23
こんにちは。
戸塚出張所でチラシを見ました。早稲田に住んでいます。
いつの代からかわかりませんが、ずっと住んでいる家です。

我が家の庭にたくさん生えていたのですが、
惜しいことに先日業者さんに草取りをお願いして、
全部刈られてしまいました。もっと早く知っていたら
お調べ頂きたかったのですが、残念です。
ただ、地下茎が残っていると思いますので
また来年ご連絡したいと思います。
Posted by mew at 2010年09月14日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39769451

この記事へのトラックバック