2010年07月29日

都内産の農林水産物を使った「料理コンクール」募集中

1料理コンクール.jpg

詳細はチラシをクリックしてください。


東京産の食材を使った、料理コンテストの締切の8月20日まで、一か月を切ったが、ご存じな方もいるようなので、ご紹介する。

江戸東京野菜を使う場合は必ず、「江戸東京野菜の栽培期間一覧」をご覧いただきたい。
これは、最終審査で実際に調理してもらうのが、12月4日(土)に秋葉原UDXマルチスペースを予定しているからで、江戸東京野菜は季節限定だから、その時期にあるものを確認していただきたいからだ。

また、どこで買うかは、「江戸東京野菜生産者一覧」をご覧いただきたい。江戸東京野菜を栽培している農家では、地場産野菜もたくさん栽培しているから相談してみるのもいい。

野菜以外にも畜産物としては、

秋川牛、TOKYO X、東京しゃも、東京ウコッケイ
東京牛乳、バター(八丈島)、さくらたまご(町田)

魚は
東京都漁連水産物流通センター(江戸前と近海)の他、
奥多摩のヤマメ、ニジマス(氷川漁協)

米麦は
柳久保小麦、小麦の地粉(東久留米)、
お米(八王子市高月・合鴨農法)

調味料では
天然塩(島嶼)、利島の椿油など、なんでもある。


「高校生以上の一般の部」と「プロ調理師の部」がありますから、いずれの皆さんも、都内産の食材をたくさん使う料理を創作し応募してください。
posted by 大竹道茂 at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39872335

この記事へのトラックバック