2010年08月16日

体験農園「森の食農学校 スマイル農園」を視察、新企画の会場として検討。

NPO法人・ミュゼダグリの納所二郎理事長、酒井文子理事を誘って、体験農園「森の食農学校スマイル農園」を視察した。

ミュゼダグリでは「スタディ&カフェ」を今月も開催するが、参加者が収穫したばかりの野菜を使って料理するような企画があってもいいのではと訪れたもので、近くには江戸東京野菜を栽培している農家も数軒いる。

1豊.jpg

樹林の中にある食育施設「スマイルキッチン」は立川市幸町だが、保存樹林の中、鳥の鳴き声に、ここちよい風が吹きリゾート地のおもむき。

農園主の豊泉裕さんは平成22年3月、東京都の「21年度魅力ある都市農業育成対策事業」を東京都と立川市の支援を受けて完成させた。

「スマイルキッチン」では、旬産旬消の収穫体験や料理教室などが行われている。



料理教室は、スマイル農園が主催するもので、講師には、地産地消から食材は隣接する同農園で収穫された新鮮な野菜を利用、ないものでも地元立川産の野菜を使用してもらっている。

2泉.jpg
写真左下・豊泉裕・由美子夫妻。


同施設は、床面積130m2のガラス張りの2階建てで、立川市が管理する1,400m2の保存樹園地の中に建てられている。

設備のIH調理器は稼働式で小学未満の年長さんにも使えるように高さ調節もできる。

テーブルも同じで6台、流し台が4台配備されている。

料理教室だと30人までだが、テーブル等を格納すれば多目的に使え、施設のみのレンタルも行っていて、コンサートなどの実績もある。

3泉.jpg

「種をまくことから、食べることまで」が、同園のテーマ。

農園主の豊泉さんは「農作業を体験することで、食の大切さと都市農業を理解してもらうことを願っています。」と語っていた。


4泉.jpg

コナラ、エゴの木、クヌギが茂る保護樹林地で二階からは平成新道越しにハウス施設が見える。

5泉.jpg
減農薬だから毛虫もいるよ。


体験型農園の利用料は年間4万円。 1区画30平方bで年間約40種類の野菜が栽培できる。種苗、資材、農具などは農園が用意し、園主から栽培指導を受けるから、プロ並みの野菜ができる。

現在104区画で、幼稚園・保育園・小学校の体験農園も受け入れている。

6泉.jpg
 
農園主・豊泉さんが栽培している野菜。

収穫型農園の利用料は年間3万円。 豊泉さんが栽培して1区画約20種類の野菜が収穫できるというもの。

また、収穫ツアーもある。1団体(15名以上) の入園料が5千円で数品目の野菜が収穫できる。

アクセスだが、立川からモノレールで砂川7番駅か、西武拝島線の玉川上水駅から歩いて行ける。


若い豊泉夫妻の話を聞いているうちに、我われも夫妻の夢を共に実現したくなった。 
連絡先 TEL/FAX 042-534−7350


posted by 大竹道茂 at 05:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達
この記事へのコメント
おはようございます。早速拝見させていただきました。丁寧に紹介いただきましてありがとうございます。ご利用をお待ちしております。
Posted by スマイル農園 農園主 at 2010年08月16日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40187064

この記事へのトラックバック