2010年08月20日

宮寺さんの銀マクワで創作意欲がわいた小平の料理人たち。

小平市学園西町の中国宮廷麺の「なにや」の店主・松村幹男氏が馬込半白キュウリに魅せられて創作意欲がわいた話を7月10日に紹介した。

1naniya (2).jpg

8月10日だったか、小平の宮寺光政氏から帰宅途中の車内に電話がかかってきた話も紹介したが、
その翌日、宮寺氏は野菜をJAの直売所に出荷した帰りに、松村氏を訪ねて、銀マクワ(本田ウリの総称)を贈呈したところ、銀マクワを見た松村氏は、またまた、創作意欲が湧いたようで、
お店から電話をいただき、16日19時に「なにや」で待ち合わせることになった。

当日、お店は休みと言うことだったが、玄関には「本田ウリ」の写真(下右)が貼られ、「これって何 !。」これで興味を持ったお客さんが入ってくるようだ。

2naniya (3).jpg

お店に入ると同じく銀マクワの紹介ポスター。
何でも7/10にブログに掲載したら、それを見て訪ねてくれた方がいたようだ。

最近では、珍しいものが食べられると来てくれるという。

3naniya (4).jpg

銀マクワを、伝承料理研究家の奥村彪生先生に送ったところ漬物にして帰ってきたとかで、未熟な方の銀マクワは漬けものにぴったりで、食感が素晴らしく、漬物のは美味い。

写真下は、ウリを輪切りにしてくりぬき、鴨肉と寒天の濃い目の味が、マクワ瓜の優しくまろやかな味を引き立てている。

また、ウリの周りには、左からトマトを寒天で、ブルーベリーを寒天で、そして、マクワ瓜を寒天で固めたものは、猛暑だけに涼を感じさせる。

写真上右はサラダだが、甘みの少ない銀マクワが、新鮮な味わいを醸し出している。

4naniya (5).jpg

 さて今回は、翡翠麺打師の技術を生かして「銀マクワ」とホウレンソウを練り込んだ餃子の皮を開発、本田ウリの果肉をミキシングしたものをタレとして付けて食べると、たっぷり入った肉からでる肉汁が、このタレがぴったりで、これがまた美味。

9月3日、NHK総合テレビ・関東甲信越 20:00〜20:45でお店が紹介される

西武多摩湖線一橋学園下車。
中国宮廷麺「なにや」
小平市学園西町1-26-25  tel 042-342-2929




5mugikiri (2).jpg

「なにや」さんのお隣は、「手打ちうどん むぎきり」さん。

松村さんが寺島ナスを使ってみたいと云うので渡しておいたからと、案内してくれた。

6mugikiri.jpg

早速、寺島ナスを天ぷらにして出していただいたが、地粉の手打ちうどんがこれまた美味い。

勿論、寺島ナスのてんぷらは、とろみが出てうまいのは言うまでもない。

松村氏の食材に対する思いが、輪となって、お隣の「手打ちうどん むぎきり」さんにも理解をいただけたようだ。

手打ちうどん むぎきり」
西武多摩湖線一橋学園下車。
小平市学園西町1-26-26 042(344)5151




さらにもう一軒、クリエーターがいる、一ツ橋学園駅北口、喜楽鮨さんへ。

喜楽鮨の二男・米山貴博さんが「なにや」の松村さんとは、創作料理で競い合っているクリエーター。

この日は、お出かけだったようだったが、貴博さんが創作した料理を出していただいた。。


8kiraku (2).jpg

鮨職人の饗場秀樹さんが持って来てくれたのが、くりぬいた銀マクワに鯛のすり身とホタテを入れて、蒲鉾にしている。

上にワサビと銀マクワを合わせて乗せてある。

くり抜いた銀マクワも皮を残して柔らかく食べられる。豪華な一品だ。


7kiraku.jpg

写真左から、松村幹男氏、細田進氏、JA東京むさし指導担当の久保田氏、下段が宮寺光政氏。

伝統的な食材を次世代につなげようと云う仲間には酒はいらない、職人の技を楽しみ、語り合う、時間がたつのも忘れる一時。

久保田氏も来年の栽培計画や新たな伝統野菜の導入にまで話題が及んだ。

9kiraku (3).jpg

つぎに出てきたのが、ヒラメの昆布締めに銀マクワを挿んでいる。

シャリには、小平特産のブルーベリーを絞って炊いている。

akiraku (4).jpg

ご主人の米山和夫さんが出してくれたのが、銀マクワのたまご焼き。

爽やかな色合いで、味と食感がたまらない。

銀マクワの茶わん蒸しも、結構な味わいであった。

西武多摩湖線一橋学園下車。
江戸肴 「喜楽鮨」
小平市学園東町    tel 042-341-6781



松村氏の伝統野菜、地場野菜に対する思いは、お店に入れば伝わってくるが、その思いから仲間作りも熱心で、ありがたいことだ。

今後も、一ツ橋学園駅周辺からは目が離せない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40268137

この記事へのトラックバック