2010年10月02日

江東区立第五砂町小学校で、砂村一本ねぎを復活させよう       〜砂町ゆかりの野菜を知ろう〜

8月末に「江戸東京・伝統野菜の取り組みについての指導協力願い」の文書を江東区立第五砂町小学校(遠藤朋子校長)からいただいた。

suna5syou (2).jpg
写真をクリックしてください。

すでに、打ち合わせをしてあったが、9月30日、8時50分から10時25分。対象は四年生105名。ランチルームに集めて砂村の農業、砂村のネギの事などを話す。そしてそのあと、砂村一本ネギのタネを蒔くというスケジュール。

平成22年度の東京都教育委員会研究指定地区に江東区がなったことで、指定校に区立第五砂町小学校が選ばれたという。

5月末に「えこっくる江東・江東区環境学習情報館」で開催された、「親子で江戸野菜作りに挑戦」に江東区立第五砂町小学校の栄養教諭の銭元真規江さんが聞きに来ていた。

話を聞くと、地元・砂村の名前のついた野菜の栽培をしたいので協力してほしいと云うことだった。

すでに、「砂村三寸ニンジン」は、区立砂町小学校で復活栽培することが決まっていたから、砂村一本ネギなら、タネがあるから紹介しましょうと約束をしていた。

suna5syou (4).jpg

今回の、栽培指導にあたる方は、江東区の「田んぼの学校(田路知恵子校長)」で指導をしている藤浪三男さんにお願いした。

昨年、ご一緒したことがあるので、無理をお願いしたが、快く引き受けていただいた。

藤浪さんが、「ネギが好きな人! 」と、質問したが、みんなが手を挙げた。
どんな料理が好きか! と聞くと、ネギ間、納豆の薬味、縦に切ってドレッシングで食べる。ラーメンに入れる等、次々に手が挙がった。
好きなものを作ることで教育的効果は高いものになるだろう。

suna5syou (6).jpg

「ネギのタネはどんな形をしているのか、良く観察してくださいと」と生徒に話しておいたので、ランチルームに戻って聞いてみると、
「朝顔のタネを小さくしたような形をしていた」。
「タネが黒くて、土の色に似ているので何処に蒔いたのか分からなくなった。」



第4学年 総合的な学習の時間 指導案

「砂村一本ねぎを復活させよう」
      〜砂町ゆかりの野菜を知ろう〜

題材設定の理由
江戸時代、本校の位置する砂町地域は「砂村」と呼ばれていて野菜の促成栽培の地であった。

関西からの入植者によるねぎ(葉ねぎ)の栽培を開始したがうまく育たなかった。しかし、栽培方法の考案により白い軸の長いねぎを育てることに成功した。白い軸は軟らかく、味も良く好まれた。そこで砂村の名前をつけて「砂村一本ねぎ」として栽培された。

その後栽培地域が荒川流域の千住付近に広がり「千住ねぎ」のルーツとなった。今では作られていない「砂村一本ねぎ」。

江東区・砂町地域の歴史を学習する中で、地域により興味・関心をもち、伝統野菜を復活させることにより野菜をより身近に感じ、進んで食べようとする気持ちを育てていきたいと考えた。


食育の視点
・ねぎを栽培するには、水やりや肥料、害虫退治などの世話が大事なことや、成長するには天候に左右されることに気づき、生産に関わる人々やボランティアの方の協力に感謝する気持ちをもつ。(感謝の心)

・かつての地域の産物、食文化に関わる歴史等を理解し尊重する心をもつ。(食文化)

・苦手な野菜も自分で育てることで食べようとする意識をもつ。(食事の重要性)



suna5syou (9).jpg

プランターに植えられた砂村一本ネギがすくすくと育った時にまた訪ねてみようと思っている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41053766

この記事へのトラックバック