2010年10月29日

「みんなにおいしく 地球にやさしく」新宿御苑でエコ・クッキング料理

(財)国民公園協会新宿御苑とエコ・クッキング推進委員会の協働プロジェクトで行われている ECO-COOKING PROJECT。
明治時代に、新宿農事試験場として日本で初めて西洋野菜や果物を栽培した歴史ある新宿御苑は、都会の温暖化を緩和するクールアイランド効果もある都会のオアシスだ。
この緑あふれる新宿御苑から、御苑ゆかりの野菜やハーブを生かしたオリジナルエコ・クッキングメニューで、エコ活動を発信している。


shinjuku 12).jpg



9月に、東京家政学院大学名誉教授の江原絢子先生からお誘いを受けて、楠公レストランで行われた、「江戸エコ行楽重」の試食会に出かけたら、

そこに江戸東京野菜の応援団の一人、新宿御苑の本荘暁子さん(( 財)国民公園協会・パンフをクリックすると左上・司会をするのが本荘さん )にお会いした。今度は新宿御苑で開催しますからと、お誘いを受けた。


試食会は、新宿御苑のレストラン「ゆりのき」で行われた。
試食会に先立ち、エコクッキング取り組みは三神彩子氏、そして、新宿区で、NPOスローフード江戸東京が行っている内藤トウガラシの取り組みは成田重行氏、さらに、内藤トウガラシについて吉岡博美氏が行った。

shinjuku34).jpg


講演は
「今日からはじめる ! エコ・クッキング」
三神彩子さん・東京京ガス(株)・「食」情報センター主幹・エコ・クッキング推進委員会・チーフエコ・クッキングインストラクター
エコ・クッキング全国普及のために、指導者の養成をはじめ、執筆、講演など多岐に活躍。

エコ・クッキングは環境の事を考え
「買い物」旬の食材をかう。地産地消に心がける。必要な分だけかう。

「料理」エネルギーを無駄にしない。食材を上手に使う。段取りは上手にエコ上手。

「片づけ」洗い方の工夫で水の節水。洗いおけを上手に使う。ゴミを上手に捨てる。と説明。


「新宿御苑ととうがらし・トウガラシに魅せられて」
成田重行さん・NPO法人・スロープードミ江戸東京のリーダー。
 江戸期の内藤新宿でブランドだった「内藤とうがらし」の復活を新宿区の行政、商店街、学校、住民と協同で振興している。

吉岡 博美さん
大田原市とうがらしの郷づくり推進協議会
 大田原市観光協会の組織として、2006年に設立。とうがらしを通して町おこしの栽培普及活動を推進し、国産とうがらしの「栃木三鷹」を復興。


エコドライカレー&季節のハーブサラダ
昨年の11月1日より商品化したものだが、スイーツの前に、エコドライカレーが&ハーブサラダが振舞われた。

shinjuku45).jpg

伊藤秀雄シェフ
(財)国民公園協会、新宿御苑総料理長、西洋料理専門調理師、エコ・クッキングナビゲーター。
フランス等で研修後、インターナショナルプラザホテル横浜でシェフを努め、2002年国民公園協会皇居外苑料理長に就任。 2008年に同協会新宿御苑に移籍し、2009年日本初のエコ・クッキングレストランに認定される。

shinjuku 56).jpg

クリックしてレシピやエコポイントを参照。


shinjuku7).jpg


ドライカレーのルーには、野菜(タマネギ,ニンジン、レンコン、シイタケ、ニンニク、ショウガ)がふんだんに入っていて、その存在感を主張していて野菜の味を堪能できた。
野菜サラダ、オリーブ、そしてライスの上には食用花とハーブのタイムが爽やかな香りを添えていた。



「長ネギと唐辛子のケーキゆず風味」


shinjuku8).jpg

クリックしてレシピとエコポイントを参照



この度、デビューのスイーツは、長ネギと唐辛子のケーキはゆず風味。

shinjukua9).jpg


長ネギとゆずをみじん切りしている、唐辛子は一つまみ入れて焼いている。
クリックするとネギが見える



帰りには、色々な資料とともに三神彩子さんの「パティシエ気分でエコ・クッキング」株式会社近代映画社発行の楽しい本をいただいた。


追録


先日、環境大臣名で新宿御苑の「菊花展」のご案内をいただいている。


shinjukuc.jpg

クリックすると地図


このスイーツは、菊花展にあわせて11月1日から御苑新宿門のインフォーメーションセンター内にある、「カフェはなのき」と苑内エコハウス内「レストハウスゆりのき」で食べることができる
posted by 大竹道茂 at 06:52| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
 新宿御苑の催し、大正モダンの雰囲気があり、食器も料理も素敵です。

 ただここのそれも楠公(祖父に習った芳野三絶のひとつが脳裏にうかびました)レストランのエコ重も基本「晴れ」のもので「褻」の場においてはどうだったのかしら?とそこに余計エコがはたらいたのでは?と想像しました。

 基本アナログでスローライフだった当時とデジタルでタイトな現代をどう有機的に繋げられるのだろうと頭をひねってます。
Posted by 木本恵美子 at 2014年03月05日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41522311

この記事へのトラックバック