2010年12月30日

中国宮廷麺の小平「なにや」で一年に一日の五色麺に行列。


このブログでも紹介している小平・一ツ橋学園の中国宮廷麺の「なにや」では毎年12月30日に一年に一日だけ、おめでたい五色麺を打って出す。

店主の松村幹男さんにとって特別な日だとかで、ご招待をいただいた。

五色麺 (2).jpg

この日に着ているコスチュームは15年も前からイベントやこの日のために着るお洒落なもの。

写真をクリックする
「徹夜して先ほど打ち終わった」と云う麺を見せてくれた。




2-1行列 (2).jpg

お店の側面には、一か月前から、12月30日に五色麺を打つことを発表していた。
写真をクリック
この日も、11時30分の開店前から行列ができた。

毎年来ていると云うお客さんの中には、「これを食べないと一年を納められない。」と寒さが厳しい中で、早くから並んでいた。



中国宮廷麺の「翡翠麺打師」の資格を持つ松村氏が打つ五色麺は、一本の麺が五色になると云う、手間のかかるもの。

3-1どら.jpg


この日は、11時30分ぴったりに、松村さんがドラを持って入口に立ち、ドラを鳴らしてから、
並んでいるお客さまにご挨拶。

そして、お客様を招き入れた。


4-1五色麺.jpg


座席は 15人足らずだが、席の空くのを待つお客も含め、先着の30人程のお客さんが、客だまりなど店内に入った。店に入りきれない人は、まだ外には並んでいる。

まず、
店主の松村さんから、日頃のご愛顧に対する御礼のご挨拶。

そして、五色麺について報告。

紫が、小平の特産物・ブルーベリー。
ブルーベリーはわが国での発祥の地が小平。

緑は話題の「里帰りした三河島菜」で打ち始めたが、色が薄いので地場産のホーレン草を加えたという。
黄色はターメリック。

赤は宮寺さんの人参を使ったが、これも色が薄いことから赤いパプリカを加えた。

そして白は、小麦粉でその地の色。

今回は、期待の色が出なかったために手間がかかっていると、報告があったが、どれも自然の色だから健康的。

続いて、ご招待をいただいた、私と、宮寺さんが指名され、ご挨拶をすることになった。

私は、「なにや」さんを通して、地産地消の「江戸東京野菜」、また、地場産の小平の野菜を食べていただいていることに対する御礼と「里帰りした三河島菜」の物語などの話をさせていただいた。


5-1中国麺.jpg

お任せで、出していただいたのが、「とき卵麺」。

「里帰りした三河島菜」を初めて食べた松村氏は、この菜は、卵スープに合うと云っていたが、なるほど、「とき卵」にはベスト マッチで菜が美しい。




6-1てんてこ01.jpg

店内では、席が空くのを待つお客でいっぱいだから、食べ終わったら、店主の松村さんにお礼を云って次の人に席を譲った。

五色麺は125食を打ったそうだが、次から次にお客さんが来て、3時過ぎに完売。

その後は、「里帰りした三河島菜」を練り込んだ、通常のメニューの「めん菜」の注文が増え、親子3人てんてこ舞いの一日だったようだ。


松村さん、ごちそうさまでした。
良いお年をお迎えください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42317293

この記事へのトラックバック