2011年01月02日

熊本の伝統野菜をテーマにした楽習会 ”ひご野菜セミナリオ” を展開する北さんが、HPをアップした。


熊本の伝統野菜「ひご野菜」の普及推進を展開している、「くらしマイレージalliance(アリアンス)」の北亜続子さんが、かねてから計画していたご自身のポームページができ上がったと喜びのメールをいただいた。

北さんの活動は、当ブログでも紹介したが、農商学の連携をコーディネートしながら、持ち前の情報発信力を生かして、ひご野菜の普及につとめている。


kita3.jpg



彼女のホームページ 「neo-alliance」を紹介しよう。

トップページは「ひご野菜」の数々とソムリエのご自身。
About me には、その多彩なキャリアが理解できる。


ひご野菜セミナリオには、メンバーの園田敬子さん、西麻衣子さんと実施する「水前寺もやし見学会」の写真が掲載されている。
2011年の年間計画も紹介さされている。


この水前寺もやし見学会は、「第二回ひご野菜セミナリオ」として12月23日に実施されたもの。

ご案内をいただいていたが、寒い中、当日の熱気が伝わってくる。


フォトギャラリーには、北さんが料理した「ひご野菜を使ったお料理」が次々に出てくる。

画面に変化を与えて、ついつい引き込まれてしまう。

KA-TA-RIには、28日が、水前寺もやしの収穫の様子が掲載されていて、水前寺もやしには湧水の中で栽培される様子が紹介されている。

そして、30日に ひご野菜セット が掲載されている。

実は、このページで紹介されている「ひご野菜セット」が、暮れに北さんから贈られた。



0002.jpg



熊本県立農業高校の生徒が栽培した野菜に伝統野菜を守る農家の野菜も加わったセット。

そして、クリックすると、伝統の「ひご雑煮」の説明からレシピまで、これは凄い!
熊農高のことは一昨年新聞に書いたことがあったから感慨深い。

img028.jpg


拡大してご覧ください。



higo.jpg

クリックすると野菜が美しい


箱の中を開けてみると、新鮮で珍しい野菜が沢山(12品目)出てきた。
左から、水前寺セリ、芋の芽、ごぼう、熊本長人参、金時人参、熊本京菜、れんこん、さといも、熊本ねぎ、ひともじ、水前寺モヤシ、大根と、この時期とれる伝統野菜は8品目も入っている。

素晴らしい。

北さんありがとうございました。


改めて、このホームページのあちこちに、ひご野菜を知るための、仕掛けがしてあって、楽しむことができる。


追録



伝統の「ひご雑煮」のレシピを見ながら、お正月で来ていた、息子の嫁と娘が二人で雑煮を作ってくれた。

azairyo (2).jpg

熊本京菜、熊本長ニンジン、水前寺モヤシ、さといも、ダイコン。
江戸で「京菜」と云えば、水菜のことを言うが。熊本の京菜はサラダ菜のような感じ。


c雑煮 (2).jpg

このお雑煮、カツオと昆布出汁に、スルメを適量い入れてあるのが美味い。


d雑煮.jpg

クリックすると「芋の芽」のレシピ。


一品、「芋の芽」は、いただいたレシピで息子の嫁が作ってくれたがあく抜きがポイントのようだ。
市販のドレッシングで食べたが、サクサクした食感は、初めての味で美味しい。


posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42343394

この記事へのトラックバック