2011年02月24日

縮緬で作った野菜の根付けに魅せられ求めたら京野菜だった。

先日、江戸東京博物館に行った時、売店に縮緬でつくった可愛い野菜の根付( ストラップ)を見つけた。

江戸東京博物館だから、江戸東京野菜もストラップになったかと、喜んで買ってきたが、


1netuke.jpg



家で改めてみると、京都の和雑貨、和装小物の製造卸メーカーの品だった。

金町コカブと滝野川ニンジンだと思っていたのだが、葉に切れ込みがあるので大根の、聖護院だいこんで、人参も金時にんじんで京野菜だった。

さすが京野菜( 写真をクリックする )、他にも筍、万願寺とうがらし、海老いも、賀茂なす、鹿ヶ谷かぼちゃ等がラインナップだ。

江戸東京野菜も、見習わなければ・・・







お節句が近づき、日に日に春を感じる。

近年、つるし雛が目につく。

核家族になって段飾りのお雛様を飾るスペースもなくなったことが背景にあるのかとも思ったが、美しく愛らしいつるし飾りに、立ち止まってしまった。


2hina.jpg


このつるし雛、何でも江戸時代から伊豆の稲取地方に、吊るし飾りとやらがあり、稲取では長女の初節句に、無病息災、良縁を祈願して、雛壇の両脇に、手造りの品物を吊るしたという。

縮緬の風合いが、高級感を出している。


3turushi2.png



大根 大根の辛さが、古来より毒消しの意味を持つ。

茄子、  花をつければ実がなり、子供に恵まれますように

かぼちゃ 健康で無病息災を祈る

タケノコ すくすくと成長し、生命力の強い子どもになるように



4turushi1.png



 蕪  邪気を払い万病除く野菜として親しまれている

人参 赤い人参は健康の象徴。我が子が健康に育ちますように

唐辛子 虫除けの効果があることから、可愛い娘に悪い虫が付かないように

縮緬や銘仙の素材が温かみを出していて、ついつい手を添えてみたくなる。


最近は作ってみたいという方々も多いようだ。




posted by 大竹道茂 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43563641

この記事へのトラックバック