2011年02月25日

仙台市の中心街で、アンケートに協力すると、仙台伝統野菜が入った牡蠣鍋のおもてなし!


仙台朝市商店街振興組合副理事長の庄子泰浩氏(今庄青果・専務)から、町の活性化の取組みだとして、情報が届いた。

2月27日 午前11:00からオープニングセレモニーに引き続き、 

仙台市内中心部九つの商店街振興組合では、商店街女将のおもてなし鍋実行委員会を結成し、

アンケートに協力してくれた方に、プリプリの宮城県産「かき」!のかき鍋を振舞うと云う。

牡蠣鍋サンプル.jpg

仙台市の中心部にある各商店街では、街の活性化のための戦略を考えてきたが、

この度、中央通りの受付でアンケート用紙を配布し、消費者の声を聞き戦略に反映しようと、協力してくれた先着1,200人に「かき鍋」を振舞うと云うもの。(アンケートをもらう場所は牡蠣鍋をクリツクする)

庄子泰浩氏はメールで
「27日の日曜日は仙台市中心部の9商店街が集まって始めてのイベントを行う事になりました。

宮城の牡蠣や曲がり葱、仙台白菜、仙台せりをたっぷり使い、宮城県産の大豆「みやぎしろめ」の仙台味噌で味付けします。これ以上は出来ません!くらいの豪華な牡蠣鍋で、1,200人に振舞います。

今週は準備でてんてこ舞いです!」


仙台の伝統野菜と宮城の牡蠣とは、飛んで行きたい心境です。

追伸


25日から鹿児島に行きますので、当ブログ26日はお休みです。


posted by 大竹道茂 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43576856

この記事へのトラックバック