2011年03月02日

桜島ダイコンも食べて「正調さつま料理」に満足の初日でした。


3年振りの薩摩だ。おかげ様で好天にも恵まれて雄大な桜島が迎えてくれ、11時過ぎには天文館通りに着いた。


1-0SAKURAs-.jpg


旅人は、その地に着けば地産地消で、土地の産物が食べたくなる。

連れの者が旅行カイドブックで調べていたが、薩摩料理を食べさせる店( 桜島をクリックする )を見つけてくれた。




2-1DAIKONs-.jpg


薩摩の伝統野菜と云えば、桜島大根だ。

市内のあちこちの店先に、鉢植えの桜島大根が置いてある。

丁度、花芽が出てきた時期で、早い店ではすでに花が咲いていた。


桜島大根の成長の様子は、鹿児島青果が紹介している

桜島ダイコンと云うと、昔はひと抱えもある大きな大根のイメージだったが、核家族や市場流通を考えると手ごろな大きさになってきたのだろう。


メニューを持って来てくれた同店の接客リーダー・内山さんは、薩摩料理をお楽しみいただけるのはお昼だと「お楽しみコース」がお勧めだと云う。

キビナゴの刺身、さつま揚げ、小鉢、黒豚のとんこつ、あわご飯と酒ずし、さつま汁、香の物、デザート。


3-1burid.jpg


お勧めの「正調さつま料理 お楽しみコース」2,000円を頼んだ他、桜島大根の一品料理も頼んだ。

桜島大根の田楽 630円

桜島大根のぶり大根735円


4-1styk.jpg


桜島大根ステーキ、630円下の写真、
「黒豚とんこつに万能ネギ」はコースのもの、



黒豚の骨付きあばら肉を3時間以上じっくりと煮込んで黒砂糖と焼酎、味噌・醤油で仕上げた300年の歴史を誇る鹿児島人気料理で、お箸で肉が切れるほどの柔らかさだ。


5-1楽2 (5).jpg


突き出しは、ニガウリの酢漬け、黒豚味噌に焼ネギ添え、ニンジンのキンピラ味付け


6-0楽.jpg


さつま揚げは、当地では、つけ揚げとかいう。薩摩芋の唐揚げ、大根


7-0楽 (1).jpg


キビナゴの刺身


錦江湾で獲れた新鮮なキビナゴを自家製の芥子味噌で食べたが、小さい身に油が乗って美味しかった。


8-1 REB7s-.jpg


薩摩地鳥のレバ刺し 735円、




9-0SARADA.jpg


内山さんお勧めのサラダは同店こだわりの、
地元の有機無農薬野菜サラダ840円

白菜、ワサビ菜、ホウレンソウ、ダイコン、ニンジン、サツマイモ、カボチャ。


A-2SU.png


アワご飯にはサツマイモが乗っている。

薩摩汁には、大根・たけのこ、サトイモ、こんにゃく、鶏肉、万能ねぎがはいっていた。

特(ご飯をクリックする )すしは、車を運転される方は食べないでくださいと、内山さんは云う。

その昔、島津の殿様が宴をひらき、お膳に残された山海の御馳走を、飲み残しの酒と一緒に台所の臺に入れておいたという。

すると翌日、発酵して芳香を漂わせていた。これが酒ずしの始まりだと云う。


酒ずしには、ゴマ、ツワブキ、タケノコ、椎茸、エビ、鯛の酢締め、イカ、三つ葉、木の芽等が入っている。

確かに、お酒が入っていると云うより、かけてあるという感じのすしだ。

このすし、今では家庭でも作られなくなったようで、鹿児島市内で食べられる店は他に一軒あるだけだというから、島津の殿様の「もったいない」から生まれた食文化を味わうのもいいものだ。

B-0楽4 (4).jpg


デザート(紫芋・薩摩芋)、


参加者皆さん、料理に満足したようだが、内山さんのさわやかな接待も好感が持てた。


鹿児島市天文館では熊襲亭をお勧めする

posted by 大竹道茂 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43644992

この記事へのトラックバック