2011年03月18日

故郷(石巻)に帰った山口さんから元気だと云うメールが届いた。よかった。


2月14日、山梨の農業生産法人 山本ファーム(有)に勤めていた、山口智子さんがお母さんの介護の為に、休職して2月18日に郷里の宮城に戻るとメールをいただいていた。

昨年の4月、山梨から春の情報を伝えてくれたのが山口さんで、日本橋の福徳塾の講演や、小金井・ミュゼダグリの「スタディー&カフェ」にも参加いただくなど、ネットワークの一人として伝統野菜に注目してくれていた。

生まれが宮城とは聞いていたが、その内連絡があるだろうと思っていた。
そんな中で東日本大震災が発生した。

気になっていて、携帯がつながるようになったので、勤めていた山本ファームに連絡をとると、山口さんから電話があったという。

何でも「近くの北上川が増水して水浸しになったようだが、元気のようだった」とのこと、
良かった! 安心はしたものの、改めて厳しい避難生活を心配していた。

そして18日の昼、待っていた彼女からのメールが届いた。

ご心配をおかけしております。

山口智子でございます。
郷里石巻に戻り、被災致しましたが、無事でおります。

私の家は石巻の住吉地区というところで、北上川に囲まれておりますが、海岸沿ではないので自宅にはじっくり水が上がり、床上浸水程度の被害でした。

軽度と思います。水は引いておりますので、これから家の片付けを行うところでございます。

いろいろとお世話になり、ご挨拶のお手紙も致さぬ内に、このようなメールとなってしまいました。

元気で頑張っております。
また、あらためてご挨拶申し上げます。
                     山口智子



先日の、庄子泰浩さんに続き、山口さんとも連絡が取れた。

不自由で厳しい避難生活の中、皆さん、お身体ご自愛下さい。

posted by 大竹道茂 at 20:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
Wow, thatツ痴 a relaly clever way of thinking about it!
Posted by zqkEwuldf at 2011年05月25日 07:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43901580

この記事へのトラックバック