2011年03月22日

酒井文子の江戸東京野菜deクッキング」が都政新聞のHPに掲載された。


2009年6月から始まった都政新聞の「よみがえれ! 江戸東京・伝統野菜」の連載は当研究会の監修で細川奈津美記者が取材しているが、読者には好評を得ているようだ。

こんな中で、昨年の1月からは「江戸東京野菜はどのようにして食べるの !」という読者の要望にこたえて、

江戸東京野菜料理研究家の酒井文子先生に白羽の矢が当たり、「江戸東京野菜deクッキング」の連載が始まった。

酒井先生は細川記者と共に生産者のお宅に伺い、栽培姿勢や作物への思いを伺った中で料理に生かしているという。


sakaic.jpg
クリックするとリンクする。


しかし、同社のHPには、中々掲載されなかったが、これまでのレシピが一括して紹介された。

したがって当ブログのトップページの右側にある「関連情報」でリンクした。
posted by 大竹道茂 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43948202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック