2011年07月28日

向島百花園の七草籠、亀戸大根のタネ採りまで、半年以上楽しんだ。


旧暦の七草2月9日に七草粥を美味しく頂いた七草籠、都立向島百花園の佐原滋元先生からいただいたことは、当ブログで紹介した。


1-1tane (2).jpg

七草粥のお陰でこれまで風邪ひとつひかずにいる。

亀戸大根は、葉だけを粥に入れて頂き、大根は戯れに種を採ろうと実家の庭の一角に植えておいた。

ほどなく種が稔り、乾燥した莢をもいでいたら、孫たちがやってきて、乾燥した莢をもぐのが面白いのか、手伝ってくれた。

その後、ほんの一部だけ莢を割って種を取りだしたが、( 写真をクリックする) これだけでも結構時間がかかった。



2-15-1.jpg


2月10日に、籠から取り出した亀戸大根をガラス室の南側に移植した。

金町コカブも別のところに植えてみたが、亀戸大根と金町コカブは同じアブラナ科だから、変に交雑してもと金町コカブは抜き取った。

数日して抽台が始まり、2月25日(写真をクリックする)には、咲いた花はさらに広がり見せている。



3-15-25.jpg


3月15日には、莢がふくらみ始めた。
この時期の莢は、食べても美味しいから、さっとゆがいて料理のワンポイントに利用しても面白い。


4-16-2.jpg


4月15日、特別に受粉作業を行ったわけでなく、放置をしておいたので莢のつけ方はまばらだ。



5-16-6- (2).jpg


5月16日、一部の莢は熟しつつあり、色が変わってきました。


6-17-12 (5).jpg



6月2日に、茎を切り取ってガラス室で乾燥が始まった。


7-12 (4).jpg


細かった亀戸ダイコンがこんなにも太り、包丁で切ってみたが(大根をクリックする)、石のようにカチカチの木質化、スが入った中心部は黒く枯れていた。

posted by 大竹道茂 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46995593

この記事へのトラックバック