2011年08月06日

日本橋の「COREDO室町」の入り口に置いてあったフリーペーパー「日本橋ごよみ」をもらってきた。


急に降ってきた雨に、慌てて「COREDO室町」に飛び込んだ。

日本橋のたもとの交差点を渡ったところにある「三越本店本館」を中心に三井不動産がまちづくりに取り組み、
東京メトロ銀座線・三越前駅の東側一帯は、2014年竣工予定の大規模な再開発『日本橋室町東地区開発』が行われている。
その一角に再開発第一弾として、昨年の10月28日に「COREDO室町」がオープンしたもの。



1-1-001.jpg


「COREDO室町」の東隣りにあった三井不動産の「福徳塾」に2回ほど呼んで頂いたことがあったが、

再開発に伴って、昨年の5月末を以てクローズしたがその時もお招きいただいている




「COREDO室町」の入り口に置いてあったタブロイド版のFREEPAPER「日本橋ごよみ 8大暑〜立春」をもらってきた。
家に帰って、6ページを開いてみたら、 「まち・ひと・こころ 日本橋福徳塾 vol10」に日本橋ゆかり社長の野永喜一郎氏が紹介されていた。
このページ、日本橋に縁が深い人達に登場していただくページで、「江戸の食文化 ” 江戸東京野菜”で日本橋を熱くする」として、お店の歴史が綴られている。



nonaga1.jpg

拡大してお読みください


中でも、「江戸から続く食文化を守る江戸東京野菜の普及活動も」の中では、私との事が紹介され、「江戸の食文化を守っていくために尽力する農家を大竹氏とともに応援していきたい」と語っている。 有難いことだ。

尚、野永喜一郎社長の「日本橋ゆかり」は、東京都が実施した「とうきょう特産食材使用店」に登録し、積極的に「東京の農林水産物の振興に多大な貢献をしたと云うことで、7月13日だったか、石原慎太郎東京都知事から感謝状を受けている。

因みに、同感謝状は他に、「人形町玉ひて」と「ミクニ・マルノウチ」も受けている。


posted by 大竹道茂 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47184369
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック