2011年08月15日

小平名物「糧(かて)うどん」、天神町の指田屋の前を通り過ぎたがUターンして食べてきた。


最近、「糧うどん」に凝っていて、これまで、武蔵村山の「一休」、清瀬「みんなのうどんや」、東村山「菊屋」と紹介してきたが、旧青梅街道沿いの指田屋(042-343-0836)に立ち寄った。



1-103.jpg


ミュゼダグリの納所二郎(前理事長)さんと、須原雄太(東京農大院生)さんの三人で、江戸東京たてもの
園の「小さな畑」で作業した後、相談事があって小平の宮寺農園に向かう途中、丁度、11時、「指田屋」の前を通りかかると、店の方が暖簾を出しに表に出たところを、チラリと見て通り過ぎてしまったが、急ぐわけでもなし、無性に食べたくなったので、同乗者に了解を得てUターン、店に入った。

指田屋は、普通盛と大盛の2種類、足りなければ追加もできますと云われたが、量的には大盛で十分だった。




2-101.jpg



これまで、「糧うどん」の由来について、ブログで紹介してきたが、この店は、「お品書き」に「小平名物 糧(かて)うどんの由来」が書いてあった。

改めてそれを読みながらうどんが出てくるのを待った。(お品書きをクリックすると)



3-107.jpg

納所さんとは、東村山の「菊屋」に一緒に行ったが、須原さんとは初めて、彼は愛知出身だから、「武蔵野のうどん文化」については知らないようだった。

この店の、肉汁も、うどんのコシも丁度良く、美味かった。


お店に行くには
ストリートビューでご案内

posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ
この記事へのコメント
あの時の糧うどんはうまかったですね。
最近は私もあちらこちらでうどんを食べ回ってます・
Posted by 納所 二郎 at 2011年08月15日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47367896

この記事へのトラックバック