2011年08月28日

隅田川花火大会に合わせ 江戸東京野菜等の詰め合わせを押上「よしかつ」が販売した。


一か月前に、押上「よしかつ」の佐藤勝彦さんから、隅田川花火大会に合わせて、店の前で江戸東京野菜等、地場産野菜と果物をセットにして販売をする予定だと、話を聞いていた。


P8261607.2.jpg



先日、東京メトロの駅構内で、「隅田川花火大会」のポスターを見掛けて、佐藤さんからメールをいただいていたのを思い出した。

このことは、当ブログの「江戸東京関連スケジュール」で紹介していたのだ。



押上「よしかつ」からは、東京スカイツリーの脇辺りに花火が見えるらしいが、お祭りに参加するような気分らしい。


CA3I0014.jpg

携帯で送ってくれた写真以上にボリュームはあるようだ。


再び頂いたメールには、
「おはようございます。明日、隅田川花火大会に合わせ 江戸東京野菜等の詰め合わせを夕方4時頃から販売します。

今、東京の産地は端境期ということもあり、同じ種類を揃えるのが難しい時期ですが、集めてきました。
寺島なす(東久留米)、谷中しょうが(東久留米)、しんとり菜(江戸川)、キタアカリ(瑞穂町)、かぼちゃ(瑞穂町)、幸水なし(東久留米)です。価格は1500円です。」


0001.jpg


店の前には江戸東京野菜等がセットされた。

まだ、江戸東京野菜を知らない人もいて、通りすがりの方が足を止めて話を聞いてくれたり、興味を持った方もいたりと反応は良かったようだか、いくつか売れ残りがあったとか、

それに引き換え、店内の方は皆さん大変な盛り上がりで、野菜のことや東京産の食材について楽しんでいただけたようだ。( 写真をクリツクすると店内 )



セット販売のような日々の努力、発想がお客を呼ぶんですネ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47587278

この記事へのトラックバック