2011年11月09日

NPO法人ミュゼダグリが新たな活動展開を模索、人材育成に取り組むことになった。


先日、名古屋で研究会があったことは、当ブログで紹介したが、同研究会に出席されたフードジャーナリストの向笠千恵子さんから、国の公募事業で江戸東京野菜をさらに発展させるには丁度いい事業があるから検討されたらどうかと情報を戴いた。



0002.jpg

これまで江戸東京野菜は、生産者、料理人、教育関係者、フードジャーナリスト、農業関係研究者、料理研究家、市場関係者、青果業者などとのネットワークによって情報が共有化されて事業が発展してきた。
しかし、これまでは、興味を持ってくださる方を待っていたような所があったが、積極的に人材を育成していくことが課題になっていた。

この程、小金井市のプロジェクト「江戸東京野菜でまちおこし連絡会」のメンバーに、小金井の「黄金の里」に集まってもらって協議をしたが、

地域ブランドとして定着した「江戸東京野菜」(伝統野菜)を切り口に、関連する団体等が連携してその普及推進を図る人材「江戸東京野菜コンシェルジュ」を育成することとなった。

育成された人材は、学校教育や社会教育の現場に派遣する仕組みを構築し、伝統野菜のみならず食や農業を地域に伝える伝道師として、食育や地産地消の普及推進、農業の活性化を図っていこうと、「江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会」を出席者の合意を得て結成することが出来た。
posted by 大竹道茂 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50584261
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック