2011年11月30日

ひご野菜「水前寺モヤシ」が生まれる、 湧水が流れる芭蕉林を訪ねた。


“新幹線がやってきた!” 「九州伝統野菜フォーラム」は大盛会で終わった。
このフォーラムを企画し、壁にぶち当たりながら根気よく取り組んできた北亜続子さん、園田敬子さん、西麻衣子さんの三人は、ホッとしたことだろう。

そんな中で、皆さんは私の我儘を快く聞いて戴いて、「水前寺モヤシ」がどんな所で栽培されているのか、ぜひ見たいと言っていたから、西さんのマイカーに、小金井市の内田雄二氏、納所二郎氏と三人が乗せていただいた。



1-2001.jpg 2008/12撮影・写真提供 熊本農業高校

一昨年の11月に連載していた日本農業新聞で熊本農高が水前寺モヤシの生産農家が1軒になってしまったことから、その栽培技術を守ろうと同農高の生徒達が立ちあがったと云う記事を書いた。

そんなことでモヤシはどんな所で作られているのか興味を持っていた。



1-1002.jpg 2008/12撮影・写真提供 熊本農業高校

写真をクリックする。

ひご野菜セミナリオのHPに紹介されたモヤシの栽培地の写真を見ると湧水が流れる周辺の自然が少し写っていて、尚のこと行ってみたくなっていた。



0006.jpg


スライドショーは写真をクリックする


西さんに案内戴いた芭蕉林は湧水の中にあった。

正月料理には欠かせない水前寺モヤシは12月に入ってからだからまだ床は無い。
さらに寒くなると、年中一定の温度を保つ湧水により、冷えた大気に、芭蕉林に靄が立ち込めるとか。

伝統野菜を守り伝えることは、土地の気候風土、その自然を合わせて守ることなのだということを実感することができた。
今後、水前寺モヤシを紹介する時には、この自然も合わせて紹介してもらいたいものだ。


水前寺の芭蕉林を見た後、今月11日に開店した「ひご之すけ」に連れて行ってもらった。

「ひご之すけ」は、北亜続子さんが起業した「北印度会社」のお店で、このことは、当ブログで紹介した。



1-1002.jpg

熊本市内の中でも、新屋敷はセレブの住む町。





2-1003.jpg

人気の、赤ナスの麻婆コロッケ 150円
春日ぼうぶら(カボチャ)のクリームコロッケ 150円
風邪の予防に、ひともじコロッケ(サラダ味) 150円
れんこんコロツケ 100円
一通り、各一個を購入して食べた。


どれも美味しいが、人気ナンバーワンの赤ナスの麻婆コロッケは、茄子のトロ味が麻婆味で美味い。




3-1005.jpg


この後、内田さんは宮崎の友人宅へ、納所さんは博多の親戚へ、そして私は東京へと別れ別れになったが、皆さん目的地までの間にコロッケを美味しく味わったと云う。



posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51166564

この記事へのトラックバック