2011年12月05日

N-tour( 農協観光 )が募集している。「一日限り、東北と江戸の伝統野菜が競演」。


N tour( 農協観光 )が、野菜を楽しく学んで応援しよう(がんばろう東北 ! 復興応援ツアー 第4弾) を企画すると云うのでお引受けした。

この企画、伝統野菜の宝庫「東北」の在来野菜と、江戸東京の伝統野菜を食べようと言うもので、伝統野菜は季節限定だから、開催日の3月初めが旬の野菜が食べられる。



img629.jpg
チラシをクリックする


江戸時代、野菜のタネが全国から江戸に集まり、江戸で改良された野菜が全国各地に持ち帰られた歴史がある。
東北にも伝わった野菜も多いが、東北の村々にひっそりと伝わってきた在来野菜は、土地の食文化と結びついて今も食べられている。

この程、12月下旬から、来年3月にかけての、「自然体験・交流の旅」が、N tourから発表されたが、No13で上野の「水月ホテル鴎外荘」で、日帰りの講演・食事会プランが予定されている。

るるぶcomでも紹介されている。

鴎外荘では、中村菊吉社長の理解もあり、森山総調理長が早くから江戸東京の伝統野菜に注目して戴いていて、その料理には定評があるだけに楽しみな企画になっている。


posted by 大竹道茂 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51436040

この記事へのトラックバック