2012年01月08日

1月のNPO法人ミュゼダグリの農家見学会は、小平の岸野農園を訪ねた。

都政新聞の取材と合わせて実施している、ミュゼダグリの農家見学会は小平の岸野農園に伺った。

岸野農園園主の岸野昌さんは、9月24日に当ブログで紹介しているが、同じ小平の宮寺光政さんから依頼されてから江戸東京野菜の栽培を始めた。
これまで滝野川ゴボウ、青茎三河島菜、品川カブを栽培するなど、伝統野菜の栽培に意欲的な1人だ。




1-1004.jpg

農家見学会に先立ち、都政新聞では、滝野川ゴボウを取材したいと云うので、岸野さんに依頼して了解を得ていた。

集合場所は、小平駅南口ロータリーで待ち合わせ、車2台に分乗して岸野さんの畑に向かった。




2-1kishino.jpg

岸野さんの畑は、江戸時代の短冊方の所有地で、北の一部は宅地になってしまったが、農地は3,000uで舅の喜美利さん(左)から、昌さんは農業を任されたことから、早く農地の性質を知ろうと、1人で取り組んでいる。

7〜80年前から栽培されてきた、クリの利平、柿の富有柿は更新するなり、抜いて畑にするなり、方法を検討していると云う。




3-1gobo.jpg

岸野農園の農地は、関東ローム層に覆われているが、火山灰土の黒土が浅いことから、昌さんは葉物野菜は 上手にできるが、根菜類は苦手だと云う。

特に昨年、始めて江戸東京野菜の滝野川ゴボウに挑戦したが、夏場に雨が降らなかったことが影響したことと、ゴボウを栽培するのに農地の深耕が十分でなかったことから、二股に分かれたものが多く出てしまったと云う。( 写真左は昨年9月下旬の様子 )




4-0012.jpg

今回の、農家見学の参加者は、左から、山中元さん(いがねこ会長・法政大学4年)、上原恭子さん(野菜ソムリエ)、酒井文子(ミュゼダグリ理事長)、岸野昌さん(農園主)、細川奈津美さん(都政新聞記者)、納所二郎さん(ミュゼダグリ理事)、芳賀緑(東京農業大学4年)の皆さん


posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
素晴らしい農園ですね。私も菜園程度栽培していますが大変です。

今回、連絡をさせて頂いた内容は、有名なシェフから滝野川牛蒡を使用した (パスタ)を依頼され9月には販売しなければなりません。何とかご相談に乗って頂けないでしょうか。宜しくお願いいたします。
Posted by 熊谷伊久男 at 2015年08月21日 13:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53003157

この記事へのトラックバック