2012年01月13日

甲斐の国から春を伝える、「桜菜」と「桜わさび菜」が届いた。


山梨の農業生産法人・山本ファーム(有)のブランド野菜、春を伝える「桜菜」と「桜わさび菜」が届いた。




1-1008.jpg


山本ファームは、伝統野菜に注目し、数年前には、金町コカブや大蔵ダイコンなども栽培していた。

江戸時代に甲斐の国に伝わったジャガイモを落合芋や、翡翠瓜をブランド化もしている。
戴いた「桜菜」、「桜わさび菜」も同ファームが、約10年の歳月をかけて固定化した野菜だと云う。


2-1007.jpg


「桜わさび菜」は、「桜菜」の変異種だそうで、辛味がある野菜。

桜菜とは葉も茎も根の太さも異なり、桜菜が持っている野性味の全てが凝縮されて現れたような野菜で、この辺が固定種の面白いところ。

戴いた説明書に従って、桜菜はサラダと炒めて戴いたが、癖がなく、甘みもあって美味しく戴いた。
桜わさび菜は、加熱すると辛味は飛ぶが、野性味は残ってこれもいい。


追録



「霜降キウイ」が化粧箱に入って、「桜菜」の下に入っていた。



4-1003.jpg

「究極のこだわり、限界への挑戦」と云うキャッチフレーズの「霜降キウイ」は霜が降ることで糖度を増すことを活用、11月下旬から12月初めに収穫して、さらに追熟したものだと云う。

 農業生産法人 山本ファーム(有)
                 山梨県甲州市塩山千野4221
FAX 0553-32-1788

posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53069948

この記事へのトラックバック