2012年01月19日

20日(金)、15時45分頃から「ニッポン放送」で、荒川区の伝統野菜 汐入ダイコンを紹介してくれると云う。


ニッポン放送の女子アナ・五戸美樹さんから、メールをもらった。
何でも、先日、東京新聞に掲載された、「汐入、荒木田ダイコン」について、番組でも紹介したいので、話を聞きに来ると云う。




IMG_3683-s.JPG

写真をクリックするとリンク


17日の17時に立川でお会いしたが、本題に入る前に、江戸東京野菜の定義から説明に入った。

荒川の伝統野菜、汐入ダイコン、荒木田ダイコンは、同じ「二年子ダイコン」という品種で辛味ダイコンとして知られていて、小学校の給食には向いていないと思われていた。
だが、食べると美味しいのだ。

宮寺光政さんを紹介したので、18日、数本を取り寄せたと云うから、番組内で食べた感想を聞かせてくれるそうだ。

どうも江戸東京野菜の話になると、ついつい熱が入ってしまって・・・・長いこと話してしまった。


追伸


番組が放送されました。

五戸さんは、私の話を一生懸命に、メモしてくれていたが、番組では話した内容を上手に整理されて、番組でお話ししてくれた。

上柳昌彦さんと山瀬まみさんが、あいの手を入れながら・・・、

今では、畑が全くなくなった荒川区の皆さんも興味深く聞かれたことでしょう。

そして宮寺さんから取り寄せた大根も、食べていただいたようで、ありがとうごさいました。

五戸アナが全部お話ししていただいてもよかったのに、私の声まで流していただいて、最後に当ブログのことも紹介いただきました。

感謝です。



gonohe.jpg
上の写真をクリックするとリンクする。

五戸アナ、ありがとうございました。


後日、五戸アナからブログ「ごのへのご」に掲載したとの連絡をいただいた。


ニッポン放送では、過去何回か江戸東京野菜を紹介してくれている。
上柳昌彦さんは、2007年に、第一回練馬大根引っこ抜き競技大会を紹介してくれたし、

まだ、東京都農林水産振興財団に勤めていた2008年には、増山さやかアナにお世話になった。

「ラジオ・ケアノート」という番組で「伝統野菜に学ぶ」のテーマで、月曜日から金曜日まで同じ時間に5回放送された。
そのことは、当ブログのアーカイブの「ニッポン放送」で紹介しているが、改めてここで紹介する。

江戸東京野菜とは(月)

江戸野菜復活への思い その1(火)

江戸野菜復活への思い その2(水)

野菜たちの履歴書その1(木)

野菜たちの履歴書その2(金)

今でもインターネット上で紹介されている。

posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53162264

この記事へのトラックバック