2012年03月01日

「東京マラソン2012」で、練馬ダイコンの瀧島規秀さんが完走した。


国内最大の市民マラソンになった「東京マラソン2012」が26日午前9時10分に、新宿の都庁前を号砲一発 3万6千人ものランナーがスタートしている。

26日の当ブログに、何時も書き込んでいただいている、fumingさんが書き込んでくれた

「今日、東京マラソンの応援に行ったのですが(友人が走りました^^)
なんと、練馬大根のコスチュームで走るランナーがいました^^
もしかして、江戸東京野菜関係者かな?っと思ったりして。。。」
とあった。



1-1003.jpg

昨日、ランナーが瀧島規秀さんだったことがわかり、本人が皇居をバックに撮った写真を送ってくれた。

瀧島さんは49歳で、練馬区西大泉で、キャベツや、ダイコンを、主に市場出荷し、葉物と夏野菜も栽培している。
6年前から始めたマラソンは、東京マラソンを始め100キロマラソンにも出場していて、ベストタイムは3時間28分。

それにしても、被り物での走行は、重い、暑いなど、色々とハンデがあるが、5時間14分02秒のタイムは立派で、14時24分02秒にゴールし完走した。



2-1takiza.png

公式記録は、大会本部が公表している。



3-0enosan.jpg


被り物で走ると云う話は聴いていなかったが、練馬ダイコンのコスチュームと云えば「第1回 練馬大根引っこ抜き競技会」で活躍してくれた友人の榎本輝夫さん( 上の写真 )かと思って連絡したが、
彼が被ったのは5年前の第1回大会だけで、その後は、JA東京あおばの女性職員が毎年被っていると云う。

そこで、JA東京あおばの渡邉和嘉常務に、連絡して瀧島さんだと判明したもの。

瀧島さんも、練馬ダイコンの被り物で走りたいと渡邉常務に相談していたわけで、

fumingさんの想像通り、江戸東京野菜関係者の仕掛けでした。



4-0deko3.jpg


当ブログでも紹介したが、第5回大会では、新たに練馬ダイコンと板橋で復活した夏大根の清水ダイコン( 志村みの早生ダイコン )、一対のキャラクターがお披露目された。

さすがにこの被り物は頭が重くて、瀧島さんはあきらめて、これまで使われていた被り物になったと云う。


追録


ちなみに「仮装ランナーまとめ」というブログにも瀧島が出てくる。

また、東京マラソン2012 仮想ランナー特集 「着ぐるみ & かぶり物ランナー」というのにもよく見ると出てくる。

瀧島さんご苦労様でした。



追伸


掲載後、fumingさんからメールが届いた。

「コメントに、このように丁寧に答えて頂いたのは、初めての体験ですっ!!嬉しいです〜^^
ありがとうございます。

そして、やはりあの「練馬大根」さんは、江戸東京野菜関係者だったのですね^^
遭遇できたことが嬉しくなりました。
他のキャラも、続かないでしょうか〜〜^^

今回、東京マラソン観覧初体験でしたが、このようにコスプレランナーがとっても多くて、友人が走ってくるまでの間が結構長くても、楽しみながら待てました。

これはすっかり、冬のお祭りですね〜^^

人も多くて・・・地下鉄などは、民族大移動!の様相で応援する側の応援合戦も、さまざまです。
来年も・・・知り合いが誰も走らなくても、応援というか、観覧に行こうかな?と思えるほど、楽しかったです。」


そのような楽しみ方もあるんですネ・・・
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
ご立派!今年の高円寺フェスに参加して頂きたいもです。ユルキャラコーナーがありますので。
皆様のご努力感激です。
Posted by 松井 at 2012年03月01日 14:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54216667

この記事へのトラックバック