2012年03月26日

山形の在来作物を守ってきた人々を描いた映画「よみがえりのレシピ」が、4月に、下高井戸シネマにて東京初上映決定。


山形在来作物研究会会長の江頭宏昌先生( 山形大学農学部准教授 )からメールをいただいた。

「山形の在来作物の種子を守ってきた人々を描いたドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ』が4月21日と23日に、下高井戸シネマで東京初上映になりますので,お知らせします。」と云うもの。

江頭先生ありがとうございました。



1-1eiga2.jpg


チラシをクリックする。


この映画、「優れたドキュメンタリー映画を観る会」が主催するもので、 ” 舟はゆっくり朝日を浴びて ” として11本のドキュメンタリーが上映される。

「よみがえりのレシピ」90分は、その一つで、上映日時は21日(土)は、20:50〜,23日(月)は、11:00〜。



2-1yomigaere.jpg

なお,「よみがえりのレシピ」の制作委員会では、本日,香港国際映画祭で海外初デビューを果たしたという。



3-1xz5EFBD85.jpg


一昨年、江頭先生にお誘いを受けて、山形に伺った折、藤沢カブを守っている後藤勝利さんの焼畑農法の現場に、スローフードの島村菜津さんと一緒に連れて行っていただいたが、その時、渡辺智史監督が撮影していた。

 山形には、沢山の在来作物があり、それを守る多くの人たちがいる。

作物だけでなく、生産者や料理人など、人々の姿を追う、渡辺作品をご期待ください。


posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54628289

この記事へのトラックバック