2012年04月18日

江戸東京たてもの園の「小さな畑」の栽培報告


小金井市で始まった「江戸東京野菜でまち興しのプロジェクトが始まった、きっかけになったのが、「江戸東京たてもの園」。

小金井市を拠点に江戸東京野菜を通して、食育やまち興しの活動を展開しているNPO法人ミュゼダグリでは、「江戸東京たてもの園の小さな畑」で江戸東京野菜を栽培している。




1-1001.jpg


上の写真をクリックする

畑では寺島ナス以降、馬込三寸ニンジンとノラボウ菜を栽培していた。
ノラボウ菜は花が咲き始めている。



2-1003.jpg

昨年、納所二郎氏が飯能の「野口のタネ」で買ってきた二年子ダイコン( 汐入ダイコン )を11月に蒔いたが、今年の寒さで生育は大幅に遅れていた。
先週、ビニールをはいだ。



3-0004.jpg
寺島ナスのタネをまくのも遅かったが、

昨年、宮寺さんにいただいた苗から、なすが実ったのは当ブログで紹介した
その後、タネとりを教わり取ったタネがやっと発芽しました。春一番でポットがひっくり返しになったり寒さの調整に苦労したがやっと発芽した。


追録





3-0001.jpg


 納所さんからメールがきた。
汐入ダイコンは、収穫( 4/30 )いたしました。

城ノ戸さんと私でいただきました。我が家は葉っぱを湯がいておかかで、大根は味噌汁でいただきました。
葉っぱ軟らかで結構いけました。

適期に蒔いていたらもっときっちり育ったかもしれません。
明日( 5/1 )、宮寺さんに寺島なすの苗をいただきに行って、定植します。



posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55349691

この記事へのトラックバック