2012年05月06日

石川金太郎氏の「糸絵展」に元気をもらった。


友人の工芸家・石川金太郎氏の第5回個展の案内をいただいた。

石川氏は大学の同級生だが、ライフワークとして始めた「糸絵」は、国際的に評価されていて、日本の文化を紹介するなど活躍している。

最近、ホームページもリニュアルしたと連絡をくれた。




1-1013.jpg

個展は連休の 5月3日(木)から7日(月)までの5日間( 午前11時〜午後6時 但し、最終日は午後3時まで)、

上り糸絵をクリツクする

会場は、初めの頃は有楽町の交通会館で行っていたが、ここ数年は新宿西口より5分の エステック情報ビル2階 ギャラリー「クリスタルスポット」で行っている。京王プラザの手前だ。



2-0Exhibition 013.jpg


5月3日(木)付けの東京新聞「メトロポリタン」のコーナーで紹介されていた。



2-1011.jpg


丁度、お客さんを見送って、会場入り口に出てきたところで、ご挨拶。
よく来てくれたと、喜んでくれた。

上の写真をクリックする


今回の出展数は30作品で、一作々が力作だ。



3-1014.jpg


「糸絵」とは、どんなものなのか、石川氏に了解を得て撮らせてもらった。

上の写真をクリツクする

下絵を描いた後、根気よく糸を貼っていくというもので、最近は月に2作ぐらいの割で、完成した作品をメールで送ってくれる。

すごい創作意欲で、同い年だから刺激になる。

昨年の3月で、勤め先の再雇用も終わったので、以後、本腰を入れて、毎日6時間制作に没頭しているという。

一作一作、説明をしてくれた、良いものを見せてもらった。
そのうち、江戸東京野菜を取り上げてもらおうと思っている。


追録




何か、手土産をと京王デパートのデパ地下を物色していたら、呼び止められた。
福島の地酒のラベルを「プレゼント用に書きます!」という。


4-1012.jpg


上の写真をクリックする

自分で書くのかと思ったら、「舞珠」さんという美人書家が書いてくれるという。

ワインでもと思っていたが、芸術家には丁度いいと思って・・・

石川氏は喜んでくれた。

舞珠さんのパフォーマンスは、4日と5日の両日で、今度は父の日にまたここに来ますといっていた。
posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55675759
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック