2012年06月06日

伝統のビール麦・金子ゴールデンから発想する都市農業の未来。


都政新聞の取材に合わせて実施しているNPO法人ミュゼダグリの農家見学会は、細川記者から「練馬金子ゴールデンビール」が美味しいと話題だから、生産者やJAの関係者の話が聞きたいと云ってきた。


1-1011.jpg

金子ゴールデンの麦畑は、麦秋を迎えていた。 
麦秋とは良く言ったものだ。 刈り取り間近にした麦畑は、一面秋の色だ。

金子ゴールデンの麦畑を見たいというので、JA東京あおばに連絡したら、組合長にお会いできるという。

上の写真をクリックする
ビール麦・金子ゴールデンは「二条大麦」、その形がよくわかる。



2-1006.jpg

これまで、農家見学会では生産者にインタビューをしているが、今回は、榎本高一代表理事組合長に時間を割いてもらって、お話を伺った。

ビール造りのための栽培は、JA東京あおばが、麦栽培をしてもいいと云う農家の農地に、種を蒔き、麦踏や刈り取りなど、主要な作業はJAが実施するが、日ごろの管理は農家が実施することで、7軒の農家の農地1ヘクタールで栽培している。

地ビールと言っても、その土地で採れた麦で醸造したビールは少なく、麦芽を買ってきて醸造しているのがほとんどだ。

だから、素性はっきりしている麦で醸造した「練馬金子ゴールデンビール」は一度は飲んでみたいビールで、一度飲むと後を引く味に仕上がっている。

何分手仕事で詰めているために、一回にできる瓶詰が3,000〜4,000本が限度で、15,000本を4回に分けて、販売しているが毎回完売だ。

また、余剰分では「金子ゴールデンの麦茶」も販売しているが、甘さがあると売れ行きは良い。

最近は、緑のカーテンとして、ホップの栽培も始めていて、練馬産のホップができれば、よりこだわりの練馬金子ゴールデンビールができるわけで、消費者の期待も高まるというもの。

組合長は、「東京の農業は、「費用対効果」を考えていたのではできない農業で、楽しんでやることが大切だ。」と、職員は手作りビールでビール醸造を体験したことは当ブログでも紹介した。



追伸





4-1015.jpg

取材は、JA東京あおばの本店で実施したので、帰りに、近くにある「練馬大根碑」と練馬大根の普及に貢献した「鹿島安太郎顕彰碑」がある愛染院参道に案内し、その後、豊玉北の氷川神社にある、ビール麦 金子ゴールデンの記念碑に案内した。


2001.jpg


当日、金子ゴールデンの麦畑に案内してくれたのが、課長代理の荘一男さんで、今年、「地粉」を売り出したと、一袋もってきて説明してくれた。

地元練馬の農家が栽培した「農林61号」、地粉でうどんでも打ってくれと、JA東京あおばの店舗では、希望価格300円を、お試し価格の240円/1sで売り出した。

300〜400キログラムの収穫量はあるが、製粉すると7割になる。
賞味期限があるから、売れ行きをみて粉にするという。


posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56270996

この記事へのトラックバック