2012年06月19日

みんなで育てて「練馬産そば」を食べよう !! 8月に東京の練馬に蕎麦畑が出現する。


西武池袋線の石神井公園駅の近くにある、蕎麦に銘酒「 野饗(のあえ)」の店主・山越龍二さんの話は、先日当ブログでも紹介した。

その、山越さんから、13日に「練馬区での蕎麦栽培を応援する会」が発足したとのメールが届き、既に会員の応募も始まったという。
そして、17日にポスターが刷り上がったと送ってくれたので紹介する。




soba_nerima.jpg


ポスターには
「練馬でそば栽培を応援する会」のお誘い

応援する会入会費用  3,500円(内訳はトラクター等機械の燃料費、そば栽培や養蜂の資材費用として)

会員の種まき  8月27日(月)14:00〜17:00 (予定)定員15名

会員の刈り取り 11月19日(月)10:00〜16:00 (予定)定員15名
 刈り取り日の昼食は、簡単な弁当が用意される。

畑は、JA東京あおばの協力により、西大泉と大泉1丁目の2カ所の畑が用意された。

タネは山越さんが、「在来種」を栽培しているソバ農家と話をして、今年の秋収穫分から数キロを分けていただき、来年には練馬区で栽培する予定だとか。

江戸時代から、20年以上単品種栽培した「在来の信濃1号」だそうで、もう一つは、奥檜原村のものだそうで、楽しみな話だ。

収穫したそばは12月から1月に、同店で、そば切りで提供される。
会員には、利用期間限定で、新そばお食事券(ドリンク1杯と小鉢1品、練馬産のもりそば1枚)」が渡される。

希望者はこの申し込み用紙に記入して、ファックスにて。
お問い合わせ先・・・ 電話・FAX 03-5393-6899 まで



posted by 大竹道茂 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56555537

この記事へのトラックバック