2012年07月13日

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2012」のレセプションでアランデュカス氏にお会いした。


「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2012」のプレス発表が11日、港区南麻布のフランス大使館で行われ、引き続きレセプションが大使公邸で開催された。

「フランス レストランウィーク」は昨年に続いて2回目の開催で、昨年は関東及び関西の限定されたレストラン322店に、25千人のお客さんが足を運んだ。

今年は"フランス料理で日本を元気に!"エリアを全国に拡大し、期間も2週間に延長するとしている



1-1032.jpg


開会にあたって、駐日フランス大使のクリスチャン・マセ氏が挨拶に立ったが、
フランスで開催している「コレージュ・キュリネール・ド・フランス」の代表である、アラン・デュカス氏を特別なお客様として紹介した。

アラン・デュカス氏は、史上最年少で3つ星を獲得したモナコ国籍のシェフで、世界各国でレストランを経営している。

上の写真をクリツクする
クリスチャン・マセ大使及びスポンサーのファブリス・ルノー氏が挨拶を行った。

大使公邸には、約300名(内メディア130名)が招かれてた。


2-1040.jpg

会場には、レストランウイークに参加する全国の代表的な有名シェフやパテシエ、32名が出席、レセプションを盛り上げた。



3-1表紙.jpg


レセプションで振る舞った料理人は

北海道代表 中道博シェフ『モリエール』札幌
東北代表 伊藤勝康シェフ『ロレオール』岩手
北陸代表 川本紀男シェフ『プレミナンス』金沢

関東代表 三国清三シェフ『オテル・ドゥ・ミクニ』東京

東海代表 北村竜二シェフ
『ラ・クランタープルドゥキタムラ』名古屋
近畿代表 伊藤英彰・文彰・道彰3兄弟シェフ
『ルヴェソンヴェール』京都
九州代表 上柿元勝シェフ『カミーユ』長崎
 
のみなさん


改めて、各地の食材を見ると、地元の伝統野菜が使われていた。
東北代表の伊藤シェフは、岩泉の地ウリと安家大根を、
北陸代表の川本シェフは、加賀野菜の加賀太キュウリと打木甘栗カボチャを。
近畿代表の伊藤シェフは、加茂茄子、鷹峯唐辛子(たかがみね)、赤万願寺唐辛子を・・・



4-1044.jpg

三國シェフのお料理は「東京野菜と うま味のジュレ」

カップに野菜をいれ、旨味(かつお、昆布出汁)のゼリーをかけ、ゆずみそ風味のムースをそえて、かつお節を飾ったもの。
夏の具材を使って、味噌汁風に和の旨味いっぱいのジュレは、納得の味。

上の写真をクリツクすると東京野菜。

細長ミニトマト赤・黄、馬込半白きゅうり、ルバーブ、
(小平市・宮寺光政さん)、
ミニかぼちゃ栗坊(小平市・高橋浩幸さん)、
うど(立川市・須崎雅義さん)、
とうもろこし黄色(西東京市・海老沢孫次さん)
枝豆(練馬区・井口良男さん)、
人参、かぶ、ビーツ(八王子市・中西真一さん)
寺島なす、千両なす(三鷹市・星野直治さん)、
スティックセニョール、ハーブ類
(西東京市・新倉庄次郎さん)、
インカのめざめ、きたあかり(東村山市・長嶋要一さん)、
椎茸(八王子市・小山誉史さん)、
ブルーベリー(立川市・高橋尚寛さん)、
奥多摩わさび(奥多摩町・千島国光さん)


これら生産者の農産物を、オテル・ドゥ・ミクニに納めている、東京野菜カンパニーの牧野征一郎氏が展示を買って出た。



5-1024.jpg


シャンパン、ワインは、フランス レストランウィークのスポンサーから提供されていた。



6-1049.jpg

乾杯をきっかけに、始まったレセプションには、各地区代表のシェフの前には行列ができた。

三國シェフから、「食べた!!」と聞かれたが、写真を撮っていたので「まだです」と答えると、「早く食べないとなくなっちゃうよ!!」と勧められて並んだ。

三國シェフの「東京野菜と うま味のジュレ」は、私がいただいた後、一番早くなくなってしまった。

昆布と椎茸で取った出汁。
具の野菜を大きめに切ってあるから、一つひとつの野菜の存在感があって、「うまい!!」と唸ってしまった。



7-1052.jpg

三國シェフは、クリスチャン・マセ大使が訪れると、東京野菜を説明、興味を持った大使は、手を延ばしてトマトやブルーベリーをほおばった。

上の写真をクリツクする
大使夫人にも勧める三國シェフ。




8-1055.jpg


アラン・デュカス氏にも、「東京野菜と うま味のジュレ」を勧め、熱心に東京野菜について説明していた。

上の写真をクリツクする
シェフの皆さんも、三國シェフの所に寄ってきて、東京野菜を興味深く見ていたが、伝統野菜の寺島なすや馬込半白キュウリ、東京ウドなどについても、説明されていた。

三國シェフは主要なお客様には、積極的に東京野菜について紹介していた。




追録




a-1004.jpg

生産者を大切にする三國シェフから、江戸東京野菜の生産者代表も招かれていて、設営のお手伝いの他、東京産野菜に対するお客さん方の反応を学ぶことができた。

上の写真をクリックする
レセプション前に三國シェフから一緒に写真を撮ろうと・・・、
右から、宮寺光正さん、高倉国昭さん、渡戸秀行さん、三國シェフ、井上誠一さん、高橋金一さん、村野喜安さんと、東京野菜カンパニーの牧野征一郎さん。



posted by 大竹道茂 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57020882

この記事へのトラックバック