2012年07月30日

あっぱれ! STUDY & CAFE ” Vol 08は、江戸東京野菜編、8月5日に開催される。



マクワウリは、甘いものが貴重だった江戸時代には、水菓子として、庶民が好んだ夏の果物だった。
幕府は、府中御前栽としてマクワウリを栽培し、幕府に納めさせていた。
今日、東京の農家が受け継いできたマクワウリは、足立区の農家が栽培していた「本田ウリ」、小金井の農家に伝わっていた「黄金のマクワウリ」の2種類ですが、なかなか味わうことができません。




キャプチャ3.JPG


チラシをクリックすると拡大する


今回は、「本田ウリ」と「黄金のマクワウリ」を江戸東京野菜料理研究家・野菜ソムリエの酒井文子さんが料理を作り解説します。

懐かしい味、江戸の食文化を伝えるマクワウリの料理を食べに来ませんか

お問い合せ、申込みは  090-2423-0831まで

posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57319690

この記事へのトラックバック