2012年08月18日

猛暑の中、「野菜の日」の打ち合わせに、三國シェフを訪ねる。


日本列島が高気圧に覆われて猛暑日になった。
一昨年の猛暑日に、オテル・ドゥ・ミクニで「東京の地産地消」というランチセミナーがあった。

その時、迎賓館赤坂離宮前の公園の水場で、暑さをしのぐために、雀が水浴びをしていた。

再び、四ツ谷駅に降り立ち、オテル・ドゥ・ミクニに向かったが、少し早かったのであの日のことを思い出して、遠回りをして公園に寄ってみた。



1-1001.jpg


上の写真をクリツクする。いたいた、!。
あの日と同じように、何羽もが飛んできては水浴びして飛び立つ、
そんなところをしばらく見ていた。


2-1キャプチャ35.JPG

三國清三シェフと「野菜の日」の打ち合わせに、オテル・ドゥ・ミクニに着いたのは約束の10時前だった。
主催者のJA全中の前田健喜課長と、Ntourの石井唯之課長、高崎俊介マネージャーとは、事前にお会いしていたが、三國シェフに主催者の意向を伝えにやってきたもの。

上の写真をクリツクする
ミクニシェフは中学を卒業(16歳)して、札幌グランドホテル(17歳)に、そして帝国ホテル(18歳)から、スイスの日本大使館の総料理長(20歳)、そして、オテル・ドェ・ミクニを四谷にオープン(30歳)と、ポジティブなものの考え方が人生を切り開いてきた。

だから、三國シェフの話は、人の心をつかんで離さない。

その一端を、前田課長や石井課長たちも感じ取ったようで、野菜の日には、面白い話がきけそうだ。

三國シェフから、NHK総合テレビ「キッチンが走る! 北海道知床スペシャル」が8月24日 19:30〜20:43に放送されるという情報をいただいた。


追録




3-1キャプチャ.JPG


四谷駅を降りて、迎賓館赤坂離宮に向かい、そこから横断歩道を渡って学習院幼稚舎の裏に回るとオテル・ドゥ・ミクニがある。
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57619864

この記事へのトラックバック