2012年09月01日

江戸東京野菜のポストカードを、奥田秀助さんが作成。


日本橋の老舗・てんぷら「てん茂」の奥田秀助専務から、茶封筒が届いた。
開けてみると、奥田さんが撮影した江戸東京野菜を、ポストカートにしたもの。
これまで、奥田さんからは、色々な情報をいただいていて、7月には、馬込三寸ニンジンと滝野川ゴボウのタネが採れそうだとのメールをいただいたことは、当ブログで紹介した。



1-1img331.jpg


いただいた、ポストカードは、13種類の13枚、解説書も付いている。

奥田さんが、カメラのご趣味があるとは知らなかったが、江戸東京野菜を美しく撮っていただいた。
奥田さんは、暇を見つけて生産者のところへ出かけているらしく、写真から見ると、前にご案内した、東京ウドの須崎雅義さんのウド室を初め、三鷹の星野直治さんの畑で、寺島ナス。青茎三河島菜は宮寺光政さんの畑で栽培されている物もある。

奥田さんありがとうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57873567

この記事へのトラックバック