2012年09月08日

練馬区民向け生涯学習講座「寿大学」で江戸東京野菜の練馬大根を語る。


6月の下旬に、練馬区立生涯学習センター 文化・生涯学習課の大塚弘美さんからメールをもらった。
同センターは、練馬公民館と云っていたが、今年度から活動実態に合わせて、「生涯学習センター」に改名された。

最近では、一昨年、区民大学講座「江戸東京野菜を知る、食べる!」で7月と11月に
練馬在住の料理研究家・齊藤朝子先生とご一緒させていただいたが、今度は、伝統ある「寿大学」の講師を依頼されたもの。




1-1005.jpg

寿大学は、旧練馬公民館において、昭和39年秋、高齢者学級(寿教室)として始まり、昭和42年寿大学に名称を変更、以後春季、秋季の開催となり、今回で91期(48年間)。
毎回、応募倍率も非常に高く、多くの区民から支持されている長寿企画だ。

65才以上の区民向け生涯学習講座で、全10回講座の内、前半5回は講演会、後半5回はクラブ活動という構成。

開会に先立ち、中村哲明地域文化部長は、65歳以上のお元気な方々を言い表すのに「寿」は馴染まなくなっているというような挨拶をされていた。



2-1002.jpg

予定の300名を超える500名弱の応募があったとお聞きした。

今回は、練馬の皆さんに聞いていただくと云うので、
当ブログでも紹介した、雨乞い神事の話から入った

江戸東京野菜30種類の解説の他、練馬ダイコンを中心に、江戸っ子が好んだ大根の話、練馬大根引っこ抜き競技大会企画の裏話。
徳川家康、秀忠、綱吉、吉宗等将軍と江戸野菜など、与えられた2時間、休憩抜きで、皆さんにもお付き合いいただいた。


追録


練馬1.jpg


同ホールでは、現役時代の平成6年1月に ねりま環境フォーラムで「練馬の農業の現状」について話をさせてもらったから、18年振りのステージだ。



3-0キャプチャ78.JPG


実は、亡くなった18歳上の兄・雅は、同館の館長を長いこと勤めていた。木造の建物から現在の建物になった時もで、だから今年、公民館から生涯学習センターに変わったというのは個人的に感慨深い。
兄は、昭和61年の定年退職後はボランティアの皆さんと一緒に、依頼された施設などでマジックショーを披露したりしていた。



posted by 大竹道茂 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58075709

この記事へのトラックバック