2012年09月12日

練馬特産の伝統野菜、練馬ダイコンが双葉を出した。


各地の農家で始まった秋作に向けての作業。
先に、練馬の農家の皆さんが御岳山の山懐にある滝つぼから汲んできた聖水で雨乞い神事をしてから、数日で居座っていた高気圧が移動して雨が降り始めたことから、タネ播きを躊躇していた農家の皆さんも一斉に播き始めた。



1-1キャプチャ55.JPG

毎年、12月に開催され、練馬の風物となった、「練馬大根引っこ抜き競技大会」も今年で第6回を迎えるが、その会場になる畑にも種がまかれ、双葉が出揃ったころで、ネットが張られた。

尚 例年だと、10月19日頃から、大会参加者の募集が始まる。
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58126094

この記事へのトラックバック