2012年11月18日

みんなのよい食プロジェクトが、Havest Festival 「江戸東京野菜美食倶楽部」を 恵比寿アクトスクエアで開催。


Havest Festival 「江戸東京野菜美食倶楽部」が、11月16日(金)19時から、恵比寿アクトスクエアで開催された。
この企画、JAグループの「みんなのよい食プロジェクト」に賛同した「日本航空」がジョイントした食のイベントで、当ブログでも案内していた。

恵比寿はすでにクリスマスムード、アクトスクエアまでの道すがら電飾が輝いていた。



1-1001 (1).jpg


1週間ほど前に、会場となる恵比寿アクト・スクエアに伺って、打ち合わせをしていたが、360°の巨大スクリーンに囲まれた新たなエンターテイメント・レストランには、驚いた。

この360°のスクリーンを生かすために、持っている江戸東京野菜の写真を選び抜いて、50枚のスライドショーを、会場に送っていた。

司会は、日本航空客室乗務員 渡邉 真理子さん。



2-1キャプチャer.JPG

今回は持ち時間は20分だか、ショーアップされた会場で、「江戸東京野菜美食倶楽部」ということなので、いつになく気合を入れて、効果的な写真を厳選してパワーポイント「江戸東京野菜の歴史と魅力」を作り上げた。

皆さんに申し上げたのは、江戸東京野菜を例にとって・・・、

伝統野菜は、固定種で、タネを通して命が今日まで伝わってきているもの。
今皆さんが食べている、タネの採れない交配種F1とは異なるもの。

揃いが悪く、ダンボールにきちっとおさまらずに流通に向かない野菜です。
その土地の気候風土で育まれた固定種の野菜により、全国各地で食文化が生まれました。

伝統野菜を食べにJALに乗って全国各地に食べに行ってください。
そして、JALに乗って江戸東京野菜を食べに来てください。



3-1021.jpg


ディナータイムは、ブッフェ方式で江戸東京野菜のお料理。
メニューは料理研究家の林幸子先生の料理レシピのスペシャル料理

上の写真をクリツクする
■伝統大蔵大根/東京長かぶ/馬込三寸人参/練馬大根/亀戸大根といった
江戸東京野菜を含めた、野菜15品のバーニャカウダー  (中央)
■馬込三寸人参を使った、白身魚のフリット(下左)
■滝野川ごぼうを使った、キッシュ(上右)
■伝統大蔵大根と牡蠣のグラタン(上左)
■練馬大根とカリカリジャコのスパゲティーニ(下右)
※ブッフェのためショートパスタ使用




4-10026.jpg

当日は、応募をいただいた180名のみなさんが会場に詰めかけた。
ドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」で、甚五右ヱ門芋の栽培をしている佐藤春樹さんも、翌日、渡辺監督とのトークショーのために山形から上京し、時間を割いて会場に来てくれた。



5-1キャプチャ21.JPG


上の写真をクリツクする
江戸東京野菜を含めた、野菜15品のバーニャカウダー 
江戸東京野菜を初め東京産の野菜は、東京野菜カンパニーの牧野征一郎社長が集荷しデイスプレイしていた。



6-1028.jpg

■デザート
Mon cherよりロールケーキ(カット済)


デザートは、 当日のイベントのために、Mon cher (モンシェール) に江戸野菜を使用したスイーツを作っていただいたという。。



7-1037.jpg

江戸東京野菜美食倶楽部は、多様な企画が盛り込まれていて、最後はクイズ大会とジャンケン大会が用意されていた。

JAL賞 国内線往復航空券、みんなのよい食プロジェクト賞は、お米1年分の他。
豪華景品セット としては、JAオリジナルエプロン・JAオリジナル食器セット・ミシュランガイド北海道版 をJAオリジナルエコバックに入れてプレゼントされた。



8-0キャプチャrew.JPG

最後に、日本航空の顧客マーケティング本部 二木真グループ長の中締めと、JALパックの社長から、ディズニーシーへの入場券がじゃんけんで配られた。


追録



9-0キャプチャ.3.JPG


食の情報を動画配信しているフードボイスの新田真一社長が取材に来てくれていて、
主催者を代表して挨拶 された、全国農業協同組合中央会 広報部 よい食プロジェクト推進課 前田 健喜課長 と私がインタビューを受けた。

尚、フードボイスの動画は、ここで観ることができる。




posted by 大竹道茂 at 01:55| Comment(4) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
16日夜のクイズでお野菜セットをいただきました。三河島菜を鶏つくねと焼き豆腐でシンプルなお鍋にしていただきましたが、大きな葉がすぐに柔らかくなり、鰹と鶏のだしをたっぷり吸いこんでとても美味しかったです。ありがとうございました。
Posted by KYOKO at 2012年11月19日 09:05
JAとJALのコラボ企画は、パノラマスクリーンを使て、江戸東京野菜や農家さんを紹介する仕掛けが、圧巻でした。
私は、東京長かぶ(品川かぶ)をいただき、バター焼きにし、お醤油をちょいと垂らして食べました。長かぶの苦味と甘味がとても美味しかったです。
大竹先生の話はもう少し長くお聞きしたかったです。
Posted by 酒井文子 at 2012年11月19日 09:57
初めてコメントいたします。「江戸東京野菜美食倶楽部」に参加しました。お料理はどれも美味しく、野菜クイズではお土産の野菜もいただき、家に帰ってからも楽しんでいます。その事を絵に描いてブログに載せました。先生のお名前にリンクを貼りましたのでどうぞご覧下さい。もし載せてまずい場合はお名前の所を削除いたします。ご検討よろしくお願いいたします。
Posted by 阿部真由美 at 2012年11月23日 19:23
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)【令和の改新】#令和の大号令
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00000003-ovo-life




学術秘書
池田です。


ご承知おきください。
http://kankan2025.jp/

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927
Posted by 池田剛士 at 2019年06月19日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60121113

この記事へのトラックバック