2012年11月24日

小金井で旬を味わう「秋の黄金丼フェア」の参加店に立ち寄る


小金井第一小学校で午後から「食育リーダー会」があるので、昼食は黄金丼フェア参加店でとってから会場に行こうと12時半すぎ小金井に着いた。
本町6-5-3シャトー小金井にある、喫茶セリージュ(17番)で、海鮮丼をいただいた。
当店の海鮮丼は日替わりランチで金曜日限定だが、この期間中は予約すると毎日食べられる。
黄金丼フェアーについては、当ブログで紹介している。

食事後、アンケートに答えるとスピードくじが引けたが、はずれくじだった。
当たると100円割引になるところだった。



1-1019.jpg



前日(21日)、朝日新聞朝刊の東京版に「伝統野菜 愛され復活」三段抜きで江戸東京野菜の各地の動きが掲載された。
「荒川区で取り組む三河島菜の復活」「早稲田みょうが」「練馬大根」「馬込三寸人参」「小金井市の黄金丼フェア」「築地市場の取り組み」など、実りの秋の現場を歩いて、三島豊弘記者が書いてくれたもので、私の話を全て歩いて裏付け取材をしたものだから大作だ。

記事の中で「洋食店 濃くてうまい」として武蔵小金井駅北口のフレンチ、ヴァン・ド・リューのオーナーシェフ・永瀬義祐さんが写真入りで載っていた。

そこで夕方、ヴァン・ド・リュー(12番)に立ち寄った。同店には7月に当ブログで紹介しているが、永瀬シェフは忙しい時間を割いて、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座(秋季)を現在受講されている。

同店のフェア料理は、「江戸東京野菜のフレンチ丼」。




永瀬シェフから丼のポイントを伺うと、利用している江戸東京野菜は、しんとり菜、伝統大蔵大根、それと亀戸大根と金町コカプの葉を使っているという。

人参は馬込三寸が入荷していなかったので、交配種の五寸人参、バジルは西東京・新倉ファームに自転車で行って採ってきたと云う。
同ファームの新倉大次郎さんはコンシェルジュ育成講座を一緒に受けていることから親しくなったとか・・・

上の写真をクリツクする。
緑が美しいが、亀戸大根と金町コカブの葉を使っているそうで、大根の葉とカブの葉の食感の違いを楽しめる。




2-1キャプチ34rャ.JPG

フレンチ丼に先立って、永瀬セェフが「ヌーボーを飲みますか !」、と云うのでグラスでいただいていたが、待ち人来たらず・・・・で、シェフがボトルを出してくれた。

つまみは、「ブルーチーズと小金井産里芋のムース」をフランスパンに塗ってくれた。
里芋を茹でてマッシュポテトにしたものをブルーチーズと混ぜただけのシンプルな料理。
塩味はブルーチーズの味だという。

永瀬シェフとは、お客さんが来るまで、新聞の話題になったが、「新聞の影響力はすごい!」と感心しきり。
三島記者は熱心で、後で写真を撮りに来てくれたんだとか。

だから、新聞を見たよと電話がかかってきたり、掲載した日は、新聞を読んだ方々が来てくれたという。



3-0キャプチャoiuyg.JPG

一時間以上も待たされたが、小金井江戸東京野菜研究会の会長・井上誠一さんが現れた。
井上さんは、2009年に固定種の大蔵大根の種採りを始めていて、2010からは世田谷でも始まったので、交配種の大蔵大根と区分するために、伝統大蔵大根として認証された。

店の隅に井上さんの伝統大蔵大根が立てかけてあったが、これはお客さんに売る分だという。
夏に来たときには、同店では井上さんの寺島なすを売っていた。



4-10023.jpg

丼をいただいた後、目の前に焼きたてのリンゴパイが置いてあったので、締めにいただいた。

上の写真をクリツクする
秋の黄金丼フェアでは、黄金丼スタンプラリーを実施している。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60255572
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック