2012年12月06日

石神井公園駅近くの「二村」 冷えた身体に温かい手打ちそばが美味かった、


練馬大根引っこ抜き大会が行われた帰り道、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座の仲間が出場するので応援に駆け付けてくれた皆さんと大会が終わった後、西武池袋線の石神井公園駅に向かう途中にあったそば屋さんに入った。
 大会が終わってしまったのに、寒い中、生活情報誌「ESSEエッセ」の長い取材を受けていて、皆さんを待たせてしまった。
何でも、練馬大根をテーマにした関連記事が1月号で掲載されるようで、練馬大根の情報をお伝えした。



1-1005.jpg

納所二郎さん、佐々木昭さん、矢ケ崎宏行さんの4人で店に入った。
身体か冷えていて、いつもなら冷たいそばを頼むところだが、鴨せいろの温かいのを頼んだ。皆さんも温かいのを頼んだようだ。

上の写真をクリックする
プラス250円でランチセットができるというので、それにした。



2-1006.jpg


小奇麗なお店で、美味い手打ち蕎麦だった。蕎麦は、長野産と北海道産だという。

店の入り口に、「江戸東京そばの会」の看板が立てかけてあった。
江戸ソバリエのみなさんと関係があるのかと思って聞いたら、女将が「当店は、葛飾の玄庵なんです」とのこと。




3-1img592.jpg


上の写真をクリックするとメニュー

美味しかった。御馳走様でした。



追録


江戸ソバリエの、ほしさんから、女性ソバリエを対象にした講座、

を季節ごとに行うので、旬の江戸東京野菜を紹介してほしいとの依頼をされていて、「江戸ソバリエ講師」の名前をいただいた。
女性ソバリエは400名もいるそうだが、希望者を抽選で20名に限定して開催される。
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60500427

この記事へのトラックバック