2012年12月16日

NPO法人ミュゼダグリの12月農家見学は、JA東京みらい東久留米地区で江戸東京野菜の生産者


NPO法人ミュゼダグリの農家見学は、都政新聞の取材に合わせて行っているが、
今回は、JA東京みらい東久留米市「オザム出荷グループ」の大山裕視さんの畑に伺ってお話を聞いた。

同グループへ江戸東京野菜を栽培依頼したきっかけは、JAの高倉国昭次長から、江戸東京野菜の情報を組合員に提供したいので、同JAの広報誌に連載をしてくれとの依頼があってからだ。




1-1013.jpg

その始まりは、東京長かぶ(品川カブ)の栽培で、オザムに出荷することから始まったが、その後栽培作物が増えて、現在では、亀戸大根、寺島なす、馬込半白きゅうり、馬込三寸人参、伝統小松菜、青茎三河島菜、早稲田みょうがを栽培している

上の写真左から、細川 奈津美記者、濱口利幸さん(ミュゼダグリ)、早野このみさん(江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座修了者)、福島秀史さん(江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座修了者)、酒井文子さん (ミュゼダグリ会長)、同JA理事の大山さん、グループ代表の村野喜安さんと、同JA東久留米新鮮館の会長を務める小寺宏さん(左)にも集まってもらった。


2-1011.jpg


大山さんは、今年から青茎三河島菜を栽培している。
「今年は白菜の代わりに、この三河島菜を使っているが、これはとても美味しい!」と惚れ込んでいる。
生産者がうまいと思うことは大切なことで、消費者に、美味しい食べ方を教えることができるからだ。
この三河島菜は、荒川区立の小学校に給食の食材として納められた。




3-1009.jpg

大山さんの畑は、ピンクのトンネルが貼られて美しい。
JAの高倉次長が、JAの壁に張ってあったポスターを指差しながら教えてくれた。
害虫のアザミウマは、野菜を食害する虫で、防除する効果がある赤色の露地トンネルを普及しているという。



posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60791858

この記事へのトラックバック