2008年10月01日

【10月号】収穫の秋 お勧めの収穫祭イベント


●「実りの秋」〜江戸野菜で東京散歩〜  〜 11月3日まで開催中

渋谷区ふれあい植物センター   渋谷駅から徒歩10分
江戸の地野菜めぐりの旅へ出発!小松菜、練馬大根などの実物展示をはじめ、
その歴史や分布をご紹介しています。会場の雰囲気もお楽しみ下さい。

お問合せ  03-5468-1384



●「秋のこがねい衣食住散歩」 11月1〜9日

  江戸東京野菜を味わう第4弾として、小金井市と江戸東京たてもの園では、11月1日から9日までの一週間、「秋のこがねい衣食住散歩」を実施します。小金井市には江戸東京博物館の分園、江戸東京たてもの園(小金井市桜町3-7-1・042-388-3300)があり、江戸から近代までの建物が移築されています。また、東京農工大の科学博物館(小金井キャンパス・小金井市中町2-24-16)には、昔からの衣類が展示されています。このようなことから、同市で江戸東京野菜が栽培されると、「江戸東京の衣食住」の文化を体験できるというもの。同市の「みずとみどりのプロジェクト」では昨秋、地元の農業者が生産した江戸東京野菜の伝統小松菜、シントリ菜、亀戸ダイコン、大蔵ダイコン、金町コカブの五品目を市内の飲食店がオリジナル料理に仕立て、江戸東京たてもの園で販売しました。

200810_021.jpg


  昨年の「住と食文化フェア」で、小金井産の江戸東京野菜・大蔵大根を手に関係者を激励する稲葉市長(左から三人目・平成19年11月11日・江戸東京たてもの園)

  今回は一連の企画の第4弾として、1日(土)はオープニングイベントとして江戸東京たてもの園(入園料400円)で、「江戸東京のたてものと食を楽しむ」を開催します。市内飲食店による江戸東京野菜の料理の出展販売のほか、江戸東京野菜や地元新鮮野菜の販売。江戸時代の料理本に基づいた江戸料理の再現(レシピ提供=
東京家政学院大学 江原絢子教授)も予定されています。抽選会では参加店商品券(@500円×300本)や江戸風カフェエプロン等が当たります。

  2日(日)は、会場を公民館緑分館に移し、「江戸東京の行楽と食・漬け物と干し野菜料理をつくる」ワークショップを開催します。かつて小金井は江戸東京近郊随一の花見の名所で、庶民の行楽地でした。その行楽弁当に詰められていたであろう、江戸東京野菜の漬物、先人の知恵の干し野菜を使った料理をアレンジして料理研究家で食育・野菜料理コーディネーターの酒井文子先生が指導してくれます(先着24名・無料、申し込みは10月2日から電話で市経済課へ)。

  3日(文化の日)は、「アートエコバッグをつくろう! −江戸東京野菜でお絵かき−」のワークショップを開催します。会場を「市立はけの森美術館(小金井市中町1-11-3、042-384-9800)」に移し、野川の葦などを絵筆にして、布製のエコバッグに江戸東京野菜を描いてオリジナルアートエコバックをつくります(先着各15名を4回に分け60名・参加費無料、申し込みは10月21日朝10時から電話で美術館へ)、参加者にはこのエコバックの他に江戸東京野菜等がプレゼントされます。

  このほか、1日から9日までは「まちなかで江戸東京野菜を味わう」として、市内の15以上の参加飲食店が、それぞれの店で江戸東京野菜の料理を提供するほか、JA東京むさし小金井経済センター(小金井市本町1-13-6、042-385-3281)では、昨秋と同じ五品目の江戸東京野菜が販売されます。

(協力・東京都農林水産振興財団・全国農協観光協会・NPO法人ミュゼダグリ等)
お問合せ 小金井市役所経済課(内田) 042-387-9831



●大人の食教室 特別編

食の集う江戸・東京・日本橋  11月3日(祝)午後1時〜3時

  キッコーマン株式会社では「大人の食教室 特別編」を、江戸東京野菜をテーマに開催します。江戸東京野菜には、それぞれに歴史があり、物語があります。江戸東京野菜から見えてくる江戸の生活文化、江戸で発達した農業技術、舟運による農産物流通、今も栽培されている江戸東京野菜を、当研究会の大竹が映像を使ってお話させていただきます。


200810_032.jpg


  橋本亨先生の「食の集う江戸・東京・日本橋」(キッコーマンKCC会場 9/21)
 上の写真クリックすると動画にリンクする

  11月に入ると、秋冬産の江戸東京野菜が出回り始めます。練馬ダイコン、亀戸ダイコン、滝野川ゴボウ、奥多摩ワサビなど、江戸の地名のついた野菜が並びます。そして、話に出てきた江戸東京野菜を使って、「割烹 とよだ」の五代目・橋本亨氏が料理します。お話と料理のコラボレーション。「割烹 とよだ」は、幕末の文久3年創業で日本橋室町にある老舗の日本料理店。橋本氏はドイツ大使館公邸の料理人も務められた経験と、日本橋で五代に渡る伝統の技を受け継いでいるだけに、江戸東京野菜がどのようなお料理になるのかご期待下さい。
          お問い合せ 03-3572-0360(キッコーマンKCC事務局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61082342

この記事へのトラックバック