2008年07月01日

UCカードの広報誌「てんとう虫7+8」で、タイムリーな「今、伝統野菜」の特集


NPO法人・良い食材を伝える会の青木宏高さんから、電話をもらった。
今度、UCカードの広報誌「てんとう虫7+8」で、「今、伝統野菜」の特集をやるから伝統野菜について書いてくれと云う。
青木さんは、家の光協会で、農業後継者が読む「地上」誌の編集長をやられた方で、現在は、執筆の傍ら、良い食材を伝える会で、塾長の中村靖彦氏(東京農業大学客員教授・元NHK解説員)を支えている。



img689.jpg


今回の特集は、編集者から青木さんが相談されたようで、後に編集部の田中那於美副部長からメールをいただき、詳細を詰めさせていただいた。

この特集、中村氏が基調の「日本の食の行方〜昔・今・未来〜」を書いて、その次が依頼された「伝統野菜を考える」で、表紙をクリックする。

次に「なにわ伝統野菜の底力」、「京野菜の年輪」、「伝統野菜はふるさとの顔」、「食=命 を支える沖縄野菜」などとなっているが、中でも「なにわの伝統野菜」は5ページを割いていた。

皆さんのお世話になりながら、江戸東京野菜の情報は、広くそして遠くまで伝わっているようだ。



posted by 大竹道茂 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61511466
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック