2013年02月27日

「羽鳥冬子さんと三國清三シェフのコラボレートチャリティーランチ」に招かれた。


アロマテラピーインストラクターの羽鳥冬子さんから久々に、メールをいただいた。
昨年の11月、東京国立近代美術館内にできた「ラー・エ・ミクニ」のオープニング、レセプションでお見かけしたが、会場が混み合っていたので、挨拶はできなかった。
お話ししたのは、一昨年の11月に「アロマテラピー使い切り・組み合わせ事典」を出版したときにお会いして以来だ。

その後、2012年6月には 「手作り石けんと化粧品で ナチュラルスキンケアきほんBOOK」(マイナビ出版)を、出版するなど精力的にお仕事をされている。

メールには、昨年、「三國シェフと羽鳥冬子のコラボランチ」のイベントを3回開催し、今年も2月、7月、10月に開催が決定したそうで、私が三國シェフをご紹介したご縁で、2月26日のチャリティーランチにお誘いを受けたもの。



1-1064.jpg

毎回、テーマを変えて、楽しんでいただいているとのことだが、今回は、「美味しく楽しくヘルシーライフ」をテーマに、健康的な食生活と体内時計の関係について、話された。上の写真をクリックする

改めて体内時計を意識することで、女性は美しく、我々は老化防止になるという。
朝昼晩の食事の大切さを、切り口を変えてわかりやすく教えていただいた。



2-1002.jpg

メニューには、ビタミン、ミネラル豊富な食材を組み合わせたバランスの良いコース料理だとして、体内環境を整え、体の中から老化を防止します。とあった。



3-1003.jpg


ノーアルコールのアペリティフ メゾン ミクニオリジナルカクテル


上の写真をクリツクする。
同席をさせていただいたのは、日野市にお住いだという東京地方裁判所民事調停委員の、板谷光男先生と、八王子市にお住いだという鬚が立派な管理建築士で社長の、都甲栄充氏で、親しくさせていただいた。
お母様の栗原和子様にも、出版記念以来で、一緒に写真を撮らせていたたいた。




4-1005.jpg


上の写真をクリックする
三國シェフから、ユーモアを交えてメニュー紹介があった。

特に「アンチエージングのフルコース」で、
加齢による身体的な機能の衰えを可能な限りに小さくしていく料理を目指しているという三國シェフ。
「桜の花模様のお皿で召し上がってください、それではつくってまいります。」と、礼をして厨房に向かった。



5-0キャプチャ567.JPG
5-1017.jpg

西東京産のラディシュ、可愛い大根だが、大きなお皿の上に存在感がある景色だ。




6-0キャプチャ456.JPG
6-1022.jpg

カプチーノ仕立ての中にグリーンアスパラが入っていた。




7-1044.jpg


上の写真をクリックする
羽鳥さんは、各テーブルを回ってお客様一人一人に挨拶をされていた。



8-0キャプチャ378.JPG
8-1031.jpg

羽鳥さんと三國シェフのコラボは、お料理にも。
三國シェフは「料理の最後のテーマは、香りをどう表現するかだ!」と話されていたが、

上の写真をクリックする
羽鳥さんがお魚料理向けに調合したハーブの、エルダーフラワー、バジル、タイムをブレンドした香りづけ。




9-0キャプチャey.JPG
9-1034.jpg

上の写真をクリックする
お肉料理には、羽鳥さんが、セージ、バラ、ローリエをブレンドした香りづけ。




a-0キャプチャ34567.JPG
a-1047.jpg

上の写真をクリックする
フロマージュブラウン、ペパーミント、カモミールをブレントした香りは、チーズの味にピッタリ。



b-0キャプチャ23.JPG
b-1054.jpg

ドライアイスが入ったグラスにはオレンジ系のネロリから抽出したエッセンシャルオイルが入っている。
お湯を灌ぐと、お皿の上は幻想的な香りに包まれた。



c-1 226292.923.jpg


コーヒーが出たところで、羽鳥さんと三國さんのトークショー。

上の写真をクリックする。
初めに、三國シェフが行っている東北支援をパワーポイントで紹介したが、当ブログでも紹介している。

三國シェフは小学校での味覚教育などについても話された。

途中で、私までも皆さんに紹介していただいて、三國シェフが「江戸東京野菜と一般野菜との違いを説明してください!」と振ってくれた。
お二人のトークに割り込んだ形で、長くならないように、説明させていただいた。

羽鳥さん、三國シェフありがとうございました。

最後に、風邪が流行っているのでと、ハーブで作る「うがい薬」を教えていただいた。
皆さんに配られたのは「タイム」と「セージ」のハーブで、ウォッカに漬け、瓶で2週間ハーブの有効成分を抽出させる。
2週間したら、ハーブを取り除き、こした液体が「うがい薬」で、水に薄めて使うという。

羽鳥さんは「・・・・本来人間が持っているべき菌は残しながら、喉を殺菌、洗浄してくれます。
殺菌力が強いうがい薬を使うと、その菌も洗浄してしまうので、免疫力が低下するとも言われています。」


盛りだくさんの企画で皆さん満足されたようだ。


 
追録




x-1001.jpg


メニューの上におすすめ講座として羽鳥さんの公開講座の案内が置かれていた。

三國シェフと羽鳥さんのコラボ 次回は7月に開催されます。

posted by 大竹道茂 at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
はじめまして。

更年期の対策を、色々勉強するために検索しておりましたらコチラに辿り着きました。

知らないことが沢山書かれたあって、とても参考になりました。

これからも時々、ブログ拝見させて頂きますネ。

更新楽しみに、陰ながら応援しています。 

良い記事を有り難うございました。
Posted by kaoru at 2013年02月27日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62943182

この記事へのトラックバック