2013年03月18日

春分の日 TBSラジオ18時「JA全農プレゼンツ・田中雄介の食卓応援隊」で、『江戸東京野菜』が、1時間の特別番組で放送される。


TBSラジオ 吉田明世さんがパーソナリティーを務める「プレシャスサンデー」という朝の情報番組で、江戸東京野菜の話をさせていただいたのは、当ブログで紹介した。

それを担当してくれたのが、(株)TBSプロネックスで制作グループチーフディレクターをされている植木和代さんで、この前の話が面白かったからと、今度は、春分の日の3月20日18時より「JA全農プレゼンツ・田中雄介の食卓応援隊」で、『江戸東京野菜』をテーマに、〜守り継がれる味 江戸東京野菜〜を、1時間の特別番組として組むことになりました。という。 ありがたいことだ。



1-1キャプチャty.JPG

上の写真をクリックする
植木さんのメールでは、「江戸東京野菜とはどういう野菜か?。今の時期食べられるものは?」等について話してくれと云う。
この時期に収穫されるのは、亀戸大根、伝統小松菜、しんとり菜、東京ウド、ノラボウ菜、奥多摩わさびなどがある。



130320-01.jpg

3月12日(火)14時までに、赤坂・TBS放送センター 9階(2スタジオ)で、と云う。
8時過ぎに、JA東京むさし小金井経済センターの本橋さんに電話をして何が出荷されているかを確認したら、亀戸大根、しんとり菜、金町コカブ、ノラボウ菜があるという。
スタジオでの話題作りのために、とって置いてもらって、小金井に寄って受け取ってから、スタジオに向かった。

上の写真をクリックする。
春一番に出荷される青物として亀戸大根は江戸っ子に好まれた野菜だ。
先日は、亀戸香取神社で行われた亀戸大根の「福分けまつり」の話を伝えていたので、地元との結びつき地元の小、中学校での取り組み、さらに生産者・木村重佳さん、料理人としては、三國清三シェフにも取材したと云うから、面白い番組になるようだ。

番組はのっけから、田中雄介さんのテンションと、木村郁美アナの聞き上手にすっかり乗せられてしまった。

そんなことで30分ほど色々しゃべったが、私より、木村さんや三國さんの方が、面白い話になると思うので、せいぜい10分ぐらいにカットされるではないかと思う。
いずれにしてもお楽しみだ。

木村アナは、野菜ソムリエのほかに、ワインエキスパート、チーズプロフェショナルなどの資格を持っていて、江戸東京野菜についても興味を持ってくれたようだ。

6月に開催される、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座に、お誘いしようと思っている。


追伸



スタジオでは、JA全農の渡邊秀弘広報部次長と、(有)シンクプランの北條清久社長が見守っていた。
このところ、農業、農村ギャラリーや、日比谷公園での実りのフェスタなど全農広報のお誘いが増えているので、渡邊次長にはお礼を申し上げた。





posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63808017

この記事へのトラックバック